お母さんがマネージャーになって、バリバリ頑張らないと子どもは成功しない?

アメリカでスポーツを小さいうちから頑張っている子どもたち、まずは目指すのは大学へのスポーツ推薦。それからプロへ。

アイスホッケーもそうで、車が買えそうな額を毎年費やしてエリートチームで頑張ってるお子さんたち、大学チームへスカウトされる事を第一の目標にしてるの。

まあ高校卒業後、大学ホッケーの道に進まないでU21のチームで頑張りながらNHL目指す子達もいるけど、それは本当にプロになるような子どもたち。

女子は少数派でしょうね。。。

大学へスカウトされるには、リクルーターが見に来るようなショーケース大会に出場するこが大事で、そのために娘は女子チームで頑張ってます。

どうやら、「スカウトはNCAAという団体に登録してない子はスルー」するという情報をダンナが仕入れてきたの〜。

ダンナ「そういう登録とかは普通お母さんが仕切ってやってる」

「え〜。そういうの、ほんとに子どもが目指してるなら、子どもが資料集めたりするもんじゃないの?インターネットでなんでも情報入手可能なんだから」

私、冷たいかな〜。

ダンナ「○○くん(エリートチームの選手くん。高校生)は、お母さんがエージェントを雇って、チームとの交渉してるんだよ」

「え。。」

アメリカの親達のスポーツへの情熱、すごいですよね。まるでプロの選手みたい。

チームで頑張ってたら、宗像コーチみたいなコーチが才能を見いだしてくれるっていうのが私の理想なんだけど、甘いかしら。

まあNCAAに登録だけはしておこうかしら。せっかく高いお金払って全米のショーケーストーナメントに行かせてるんだからねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。