アメリカで再就職してみて発見したこと

ほとんどの患者さんのご家族、ほんと良い方たちなんですけどね。。昨日、最初は丁寧だった患者さんの家族の女性、私が新入りだと知った瞬間びっくりするほど横柄になったことで気付いたことが。そーいえばこの間のおじさんもそうだったわ。

ここはアメリカなんですよね〜。新入りだからっていうのは言い訳にならないっていうか、別に相手は手加減してくれないんだなということ。

新入りだからこの仕事はまだ任せてもらえないんですぅって可愛く微笑むより、「私の担当外です。担当者を呼びますねっ」とキリっとしていた方が絶対良いということ発見!

特に私は周りよりずっと歳上なんだし、黙っていれば外から来た人は新卒なんてわからないもんねー。いちいち私、新卒なんです!って自己紹介するのやめよう。。。

そういえば、ナースの先生がコミカレで言ってた言葉思い出したわ。立ち方ひとつとっても自信をみなぎらせていることが大事なんですって。

いわゆる仁王立ち、おすすめよ〜って言われたわ。

私はかなりでかいので、仁王立ち、効果ありそう(笑)

態度でかすぎに見えるだろうけど、オドオドしてるって見られるより良いわね。

アメリカって相手に弱みを見せないってすごーく大事なんですよね。どの職種でも、どの場面でも。。。

ある意味、面倒で疲れるけど、しょうがないかー。

だから、アメリカ人のみなさん、自分を卑下したり謙遜したりしないんですよね。

こうやって書くとCNAって辛い仕事っていうイメージですが、患者さんに「サンキュー、ほんとありがとね〜」ってほんと嬉しそうに言ってもらえる時、ほんとやりがいを感じます。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

アメリカで再就職してみて発見したこと」への2件のフィードバック

  1. mimi

    Ryoko さん、
    そう、私も夫に訓練された感じです。娘が小さかった頃色々学校やら関係者と数年戦いましたから。その時彼が言っていたのが絶対謝るな、こちらの要望を主張、態度も。お陰でスクールサイコロジストから態度がデカイ、言葉遣い気をつけろと脅されました。でも夫は私の行動は間違ってないと言ってました。 お陰で日本人がすれ違っても全く日本人だと気づかない様なのです、日本人から英語で話しかけられるし。夫と娘は、だってママ全然日本人らしくないから!ですって。喜んでいいのやら悲しいのやら。

  2. りょうこ 投稿作成者

    mimiさん、あっはっは〜!私と同じ!日本人に英語で話しかけられ、日本人なんですって言ったら、えええ!!!と驚愕されます。 (一体どうしてそんなに驚くの!?って思ってたけど最近は諦めましたw)
    いや〜でも意外とこちらの方々も謝るなあというのが最近の私の印象です。もちろんふてぶてしい人は謝らない人もいますが、普通にナイスなアメリカ人、結構日本で言われてるより謝りますよねー。
    スクールサイコロジストから態度がでかい!って言われたのですね!親近感がますますわきますわー。私も以前働いていたオレゴンの会社でボストン時代の古いヒール履いてスーツ着て、ちょっとしゃべりかたが高飛車だったようで「態度がでかい」ってすごく嫌がられました。どうやら今まで働いていた日本人が大人しくて優しかったので、私のような態度の日本人見た事無くてびっくりしたみたい。でもいいんです。アメリカでは強く生きて行かないとね〜!仁王立ちで頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。