アメリカの介護業界かなり人手不足?

CNA看護助手としてフロアデビューしてから数週間。びっくりしたことを2点。

日勤だったんですが、シフトの終わりに「夜勤できる?」ってDNS(看護スタッフのいちばん偉い人)の秘書がみんなに聞いていたこと。きっと夜勤の人が突然休むことになったんでしょうね。

「ボーナス出すわよ〜!」に一瞬キラリと私の目が光ったけど。夜寝るの遅くなると翌日の学校に響くからな〜。

結構周りではダブルシフトで働いてるCNAがいてびっくり。16時間労働!!!ぎゃー。

ふたつめのビックリは。。。

派遣が多いこと。

しかも派遣の方がお給料が良い事!!!

元々高給どりとは言えない職種なのに、派遣じゃ正社員よりお給料安いよね。いったいいくら?っていつもたくさんいる派遣のCNAさんたちを見て思ってたの。

私が翻訳者をしてたころは、翻訳会社に中間搾取をされていたのでお給料はかなり低かったです。

だから、絶対にアメリカのソフトウェア会社で正社員としてローカライズの翻訳の仕事をした方が得だったのよー。

でも昨日派遣CNAの人としゃべっててびっくりしたわ。

お給料が良いのに加え、日にちもかなりフレキシブルだし。

でも私は今の職場が楽しいし、毎回違うところに派遣されると絶対に迷ったり、派遣先間違えてしまいそうだから、今のままでいいわー。

それにしても毎日求人情報はざっくざく入って来るし、ほんと介護業界、人材不足です。日本もそうなのかな。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

アメリカの介護業界かなり人手不足?」への2件のフィードバック

  1. はちきんイジー

    私もよくダブルで働きました
    確かに派遣のほうが給与がよく
    自分の都合にも合わせられるので
    そこで働きました、、よ。

  2. りょうこ 投稿作成者

    はちきんイジーさーん
    ダブルシフト、魅力的ですよね。明日も誘われれいて心が揺れてます。
    派遣お給料は良さそうですが、今の職場とっても良いんですよね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。