うっわ〜思いっきり準備不足であわわ!

テニスキャプテンデビュー戦、行って来ました!(っていうかほんとは息子2のデビュー戦でそっちの方が大事なのに、自分のキャプテンデビューであわあわしちゃってw)

キャプテンって、スコア報告書とか事前に印刷して持って来るとは全然知らず、メモ用のボロボロの紙きれ1枚持って登場した私。

一緒にキャプテンしてるチームのお父さん、びっくりしてたわ〜。相手チームのキャプテンママもびっくりしてた。恥ずかし〜!

でもみなさん優しかったです。ほっ。

最後に登場するまさにこのママ。あ、でも遅刻はしてません。一番乗りだったよー。(紙切れもってw)

buzzfeedのこのビデオ、娘に「お母さん、まさにこれだよ!」って教えてもらったの。むむむ、娘の洞察力!

さて、アイスホッケーからテニスに転向した息子2。12歳でテニスデビューとかなり周りに比べて遅いスタート。

試合前はどきどきしてたけど、落ち着いた試合運びで楽しかった〜!って満足いく試合だったようです。

自信も付いたみたい。堂々としててサーブがすごく安定してた。

ふふふ、テニス界の氷の男と呼ばれたスェーデンのテニスの天才ボルグの再来ですな。(また妄想始まったよ)

ボルグも少年時代、かなりアイスホッケー頑張ってたんですって。

さて、ジュニアのテニスの試合は今回が初めて。

アイスホッケーと全然違う!

ペナルティボックスも無いし、入れられるような子どももいない。つかみあいの喧嘩も無いし、ボードに体当たりさせる子どももいない。

レフリーに怒鳴る親もいない。みんなとっても品が良いわ〜。

おかげで緊張したわよw

そういえば、先シーズン、ホッケーの初試合のあと、親同士がすごい怒鳴り合いになってびっくりしたなー。

そういえば、アイスホッケー(サッカーもだったわ)のチームに入る前、親も「コーチに暴力をふるわない、レフリーに暴力をふるわない」っていう誓約書にサインしなければならなかったわ。

テニスはそんな誓約書存在してないっぽいわ。

違う世界だわー。

聞こえてきたママ同士の会話も春休みの「スペインでのスキー旅行」とか「スエーデンでのバケーション」とか。

6日連続勤務だったおしん看護助手とは世界が違うっ

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。