ナーシングホームでの友情を通じて目指したい分野が決まったわ

勤務先のナーシングホームで出会ったお年寄りたち、いろいろ語り合ったりして友情を感じてます。ほんとに大変な仕事だけど、こういう心の通い合いがとっても楽しい。

長い人生を生きて来た方々だから奥深いお話も伺えるし。

そして、飴もらったり、チョコもらったり。

特によく語り合うお年寄りに「明日から日本に2週間帰るの」って言ったら、寂しそうな顔で「久々のご家族との再会、楽しんできてね。気をつけて行ってらっしゃいね。」と声をかけてくれた。

なんかすご〜くじーんと来た!

「転倒に気をつけて元気でね!」って言った矢先、私の方が車いすにつまずいて転びそうになってふたりで大笑いしたわ。

出会ったばかりのころは、お互いに緊張するけど、どんどん打ち解けてきたら笑ったり、愚痴を言い合ったり、いろいろ楽しい。

お年寄りたちが快適に暮らすお手伝い、やっぱりかなりやりがいあります。

これで看護師になってもっと専門知識が増えて、本格的に看護ができるようになれば。。。って思ったわ。

ということで、看護師になったら高齢者看護を専門にしたいなって思うようになりました。

ボランティアとして続けてるホスピスボランティアで培った経験も活かせるし。

なんか目指したい分野が決まって嬉しい!

 
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


海外での育児ランキング
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。