アメリカで家を売るってお金がかかるのね〜!

アメリカというよりアメリカの新しい家と言った方がいいのかもしれないけど。。かなり安普請。日本の実家はミサワホームで作りがしっかりしていて壁に穴なんてあいたことないけど、アメリカの家、壁が薄いのでちょっとぶつけただけでボコッと穴あきますw

家を出売る前に穴直してその上にペンキを塗らないといけないわ。

ここが難しい。

何千ドルもかけて塗り直してもこの家買った人が好きな色に塗り直すんだろうから、お金かけてわざわざ今塗ることないのかな〜。

ということで節約のため穴塞いだ部分だけ塗ってもらうことに。

白髪染みたいねw

フェンスも安普請で大風吹いた翌日は崩壊してました。

で今見積もり出してもらったら30万近く。

高いっ!

フローリングもサンディング(やすりがけ?)してもらってワックス塗ってもらわないといけないし。

でもこの面倒なメンテ無しに売るのも可能なんだって〜。

家の値段下げて、ハウスクレジットというのを付けるの。

ハウスクレジットは現金で、それを使って自分の好きなように改修してねって家を買う人に伝えるらしい。

ローン額減るし、喜ばれるらしいけど、どうやってやるかわからないわー。調べてみよう。

あ、でもアメリカで家を売るの色々修理が大変だけど日本より良いところもあるのよね〜。

中古物件でも購入価格より高く売れる事も景気や場所によってはよくあるの。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。