テニスのガットで、ここまで違うとは!

今朝のテニス、チーム練習の途中。なんかラケット持つ方の手首が痛くなった〜!え〜初めて〜。

と落ち込んだわ。

午後からも練習があるのに。。。

で、思い出した!

コーチの言ってたことを。

ラケットのガットが硬いと手首を痛めることあるよって。

チーム練習の後、速攻でテニスショップへ。

新しいウィルソンラケットに張ってもらってたガット、すごく硬いタイプのNXTっていうタイプだった。

硬いとコントロールが素晴らしくなるんですよねー。

道理で毎回毎回、ラインギリギリのところを狙えると思った。

私がうまくなったんじゃなくて、すごいガットのおかげだったのね(笑)

でもどんなにすごい球が打てても、手首痛めて、テニスできなくなったら元も子もないですもんねー。

早速もっと柔らかいガットに変えてもらうことに。

ウィルソンのSensationというガット。

調べてもらったら、ガットのテンション、なんとこのラケット用で一番高い60ポンドで張られてたわ〜!

道理で当たる瞬間、かちんって感じだったのねー。

私は低いテンションの方が当たった感覚が好きなのにー。

で、今度は50ポンドのテンションでお願いしたわ。

ガットはウィルソンのSensation。テンションは50ポンド。

覚えておこう。

お店の人まかせにしないで、自分でちゃんと考えてお願いしないとね。

今日お店でガットを張っていたアジア系のお兄さん、すごく知識も豊富で親切でした。

ちなみに、アメリカではガットというより、ストリングと呼ぶ方が一般的みたい。

前にお店でガットって言ったら通じなかったわ〜。

さて、午後のテニス。

私のラケットはお店に置いて来ているので、もう一本の予備の古いのを使おうと取り出したら、

ガーンw

息子2のラケットだった〜!

子供用の短いの。軽くて。

コーチにデモ用のラケットを借りることに。

そしたら、なんと私がさっきお店に置いてきたラケットと同じでした。

でも、ガットが柔らかい方のSensation。

全然手首痛くならなかったわ!

やっぱり、コントロールはかなり劣ったけど。。。

ブログランキング参加中です。クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。