アメリカの大学単位認定試験CLEP受けて、節約になった?登録から受験まで編

どうにか9月から入学させてくれるかもしれない看護大学、浮上!

Concordia大学という大学。

大学をすでに卒業してる人対象コースもあって、良い感じ!

家に近いし!!!

私立なので、すでに願書を提出してある、州立の看護大学よりずーっと親切。

電話で親切丁寧に入学までに取得が必要な単位について教えてくれます。

まあ、その分、授業料が高いんですけどね。。

電話で話をしてわかったのが、入学前に取らなくてはならない科目がいくつかあるということ。

そのひとつが、じゃーん。

数学。。。

College Algebraというクラス。

高校時代、数学はもうヤダ!って思い込み(今思えばもったいないことをした)

私立文系に逃げた私。

それが、四半世紀後にアメリカまで追いかけてくるとは〜!

「え〜大学で数学とるなんて、今更イヤです〜。コミカレで数学試験受けて、基礎数学はもう取らなくて良いって言われてるんですけど。。」と入学課の人に言ってみたけど。。。

(心のなかでは、日本人は世界で一番数学ができるっていうし〜とか叫びながら)

で、入学課の人、「College Algebraの大学単位認定試験CLEPというテストを受けて、合格すれば、数学の授業は取らなくて良いよ」

と教えてくれました。

ネットで日本人留学生のCLEP(College Algebra)受験体験記を探して読んでみたら、みんな簡単、余裕余裕って言ってます。

日本の高校の数学Iレベルだよと書いてある人たちがほとんど。

よっしゃー。

と試験会場へ。

長くなるので今日はここまで。続きはまた明日〜。

ブログランキング参加中です。クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。