看護助手、外科医の奥様と張り合うw 

テニスの試合、シティーリーグ(大人の女性のテニスリーグ)では負け戦が続き、しかもなぜか厳しいパートナーばかりと組まされ、私もうテニス嫌なのかも!って思ってたところ(あ、このあいだのほんわかテニスは楽しかったのですが。)

ポートランドの日本の会社の方に誘っていただいて出場した、日本の会社のテニストーナメントでトーナメントデビューを華々しく飾ったのです(って華々しいという部分は本人の勝手な想像ですw)

きゃー!

これが最高にたのしかったぁ!!!

日本の方たちみんな優しい〜。

しかもパートナー、超上手い!あんなに守備範囲が広く、コートをあのスピードで駆け回れるプレーヤーはやっぱり当たり前だけど大人の女性リーグでは見たことがないわー。

私とくんでなければ優勝間違い無かったでしょう。ごめんなさいねえ。

でも、イライラしないで親切な方だったおかげで、私も自分の力、いや、それ以上発揮できたような感じしますっ。

すっかり、またもとのテニス大好き。テニスの試合大好きな自分に戻ることが出来き、この試合に誘ってくださってテニスで知り合った日本の方にほんとに感謝です。ありがとう!

おほほ、それに4位に入賞しちゃった〜。

ちゃっかり賞品までいただいちゃった。

楽しいテニスの日曜日でした。

あ、そうそう、夜は息子2のテニスの試合もあったのよ〜。

この時の対戦相手チームはほら、例のダウンタウンの一流テニスクラブ、アービントン。

お父様方、外科医同士みたいで自慢っぽく(ってひがみの私には聞こえる笑)大学病院での輝く自分たちの話してるわ。

いいなあ(よだれ)。看護助手の私とは身分が違いすぎるわよっ。

わたしも医龍みたいにバチスタ手術してみたいわよ(ドラマ見すぎw)テーマソングが流れてきたわ(頭の中で)

しかも、奥様は私どもが選手用にご用意させていただいたドリンクとお菓子・スナック類を一瞥し、「あら、いやだ、甘いものだらけ。食べちゃダメよ。」と息子さんに命令してた。

クソっと思ったので、私が持ってきた(まだ出してなかった)イケアのナッツ(砂糖不使用)とレーズン(砂糖不使用)、私が全部食べたわよ。

っていうか、子どもたちそんなつまらない健康的なおやつには見向きもしないのよねー。

でも、おーっほほ。息子2とチームメートのダブルス、快勝ざますわよ。2人ともジャンクフード大好きざますわよー。

そして、空海で快勝祝ラーメン。

ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。