息子1の交友関係見えてきたー

ハイスクールのフレッシュマンの息子1。今週末はアイスホッケーさぼってスリープオーバー。親友がすべてアイスホッケーのチームメートという娘とは違って、息子1は友達がスポーツ系じゃないのです。

通ってるハイスクール自体、運動部が無い学校なので、文化系の子が多いんです。

で、他に見えてきたパターン。親友たち、移民の子どもが多い。親友4人組のうち、親たちは、韓国、ベトナム、アルメニア、日本出身。

移民の子の方がアメリカ人より付き合いやすいのかなー。自分の移民の子だし。

でもそれだけじゃないんです。

このあいだ珍しく学校にボランティアで行ってびっくり。

ふとのぞいた教室。

一瞬どこの国かわからないぐらい、いろんな国出身っぽい生徒ばかり。

親が外国出身者っていうのがすごーく多いらしい。

教育熱心な典型的パターンだわ。

上昇志向がすごく強いのもそのせいかも。

さて、今日スリープオーバーでお世話になってる親友のお宅は、ご両親、アルメニア出身の方たち。

ぱっと見、白人のアメリカ人だけど、ちょっと違う。

アクセントだけじゃなくて、違うところがあるのー。

昨日、「お招きありがとうございますー」ってご挨拶しようとしたら、出てきたお母さん、エプロン姿。

これ、アメリカではすごーく新鮮!

どうやらとってもお料理上手のお母さんみたい。大学の医学研究者なのに、家事もバッチリで素敵。

このあいだは、ナスのラザニア、美味しかったって言ってました。

家じゃナスなんて見向きもしないのにねー。

このアルメニア系の親友くん、将来の夢は神経外科医。うちの息子1の夢は整形外科医。

もうけて、フェラーリを買いたいそうw

患者を救うため!とか重く考えるよりこうやってさっぱりした医療従事者の方が、ストレスたまりにくそうです。

うちの息子1は髪ぼうぼう。日本に夏行く直前に切るそうです。

応援クリックお願いしますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。