インターネットのレシピって変?

うちは子どもたちが好き嫌いがすごいのですが、それの原因のひとつが私の料理の腕のなさだと思うんです。盛り付けも悪いし、レパートリーも少ない。

日本一時帰国で美味しいものをたくさん食べて幸せだったので、やっぱり美味しいものを家でも子どもたち(とダンナ)に食べさせよう!と一念発起して、有名なレシピサイト(Tasty Japan)や人気料理家ブロガーさんのサイトのレシピを見ながら作ってみたんです。

でも、なぜか激激激しょっぱい!

塩の入れる量がすごいんです。

大さじ1杯って。。。

4人分のレシピでまさかそれは無いよね?と思いつつ、レシピの忠実に!と思ってその通り入れてみたら、ほんと吐きそうなぐらいしょっぱいの。

レシピって忠実にそのとーりに作るんじゃなくて、この量でほんとに良いの?って考えながら作るものなんでしょうかね。

あまりのしょっぱさに、一生懸命作った餃子もみんな食べることすらできず。

好き嫌いに拍車がかかりそうです〜!

あんまりいろいろ挑戦せずに安心して使える昔から使ってる(最近は手抜きで使って無かったけど)レシピ本を見ながら作り続けることにしました。

タイトルにひかれて買ったこのレシピ本。料理研究家の渡辺あきこさんの「東大合格ごはん」。

出来上がった味が私が子どものころから慣れ親しんできた味で安心して食べられます。

今日は餃子、この本のレシピで作ろう。(で、超美味しくできました。でもみんなお腹いっぱいで食べてくれなかったわ。。。涙 いつも苦労が報われない母ちゃんです。)

クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。