火災報知器と犬

昨日うちで初めて真夜中に火災報知器が鳴り響いた。

かなりうるさいピーピーという警報に加え、「火事です」というお知らせ機能付き。

かわいいの〜。私たちの寝室にモカ、心配して「おかあさん、おとうさん〜」って入ってきたの〜。

(ついでに息子1と息子2も入ってきた。かわいい。うふ)

でもほんとは火災報知器が鳴ったら外に飛び出すように言っておかないとね。(モカには通じないけど)

結局理由はわからず。

寝ぼけたオットに「おならじゃないの?」と冗談を言ったけど、ウケなかった。

まあおならで火災報知器は作動しないけど。

で、思ったの。誤作動だとしても、もし誰も人間がいないときに、モカだけが家にいるときこの音が鳴ったらどうなるんだろう。

家から外に出ることができない犬。

ビービー鳴ってるからって大丈夫?って駆けつけてくる感じのお隣さんじゃないし。

(お隣は借家なのです。持ち家の人たちは町内会に入ってて連絡先交換してるけど)

あのものすごい音、私たちが帰ってくるまで鳴り響いてたらモカ、耳おかしくなっちゃう。ほんとの火事なら消防車来るだろうけど。

なんか心配。





にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。