病院でもらった薬の残り、とっておくの危険ですね

今日の午後が決戦のとき(笑)ドラッグテストです。考えてみたら、2日前に飲んだ風邪薬Sudafedは1年ぐらい前に副鼻腔炎になって病院で処方してもらった薬なんです。

たくさんもらったので、「もったいない」からとっておいた薬。

だってまたひどい風邪ひいたらわざわざ病院に行って薬出してもらうの面倒ですよね。

また100ドルや200ドルかかったらやだし。

でもこれからは病院で処方してもらう薬、治ったらすぐ処分することにします。。。(もったいないなぁ。。)

Sudafedは以前は処方箋無しで薬局で買えたんです。でもドラッグ作りに買う悪い人たちが出て来て、確かそれで処方箋無しでは買えなくなったそうです。

でも今回は医療のボランティアだからまあ、このくそ(失礼!)風邪薬のせいでひっかかってダメになってもいいけど、将来看護師の採用のためのドラッグテストがあって、そのときも間違えて風邪薬飲んじゃって採用取り消しなんてなったらもうショックで立ち直れなくなりそうなので。。

昨日はダメもとで!とホスピスの人事に電話して「あの〜ドラッグテスト前なのにSudafed間違って飲んじゃったんです。。ドラッグテスト延期してもらえませんか」と相談してみました。

まあ、これはドラッグ中毒者だって「言い訳」に使いそうなセリフですよね。考えてみれば。

もちろん人事担当の答えはノーでした。

はあ、緊張する〜。こんなに正直で善良な小市民なのに〜。
ブログランキングに参加してます。
↓をポチッとお願いしますー。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。