自慢上手を目指してみようじゃありませんか!

日本人のさがかしら〜ついつい謙遜してしまうー。まあ、特に自慢するネタも無いっていうのもあるけど(ブログで十分自慢してる?そうでも無いよね?)

アメリカにいるんだから謙遜しないで頑張って自慢してみよう!と娘が中学生の頃、自慢話の多い友達に「う、うちの娘、陸上記録会、400mで1位だったんだよ〜」ってドキドキしながら言ってみた!(実は参加者自体少ないw)

でも反応は「ふ〜ん。よかったねぇ」だけ。盛り上がらない。。

あ、自慢の仕方がイマイチだった??? っていうか、地元の大会ぐらいたいしたことないか〜。

かかりつけのドクターには行く度に娘さんたちの自慢をされる。

「長女がスタンフォードで、今をときめくGoogleでエンジニア。次女はメディカルスクールよ。」

自慢返しは無理。。。

「か、看護学校目指してるのっ」ってそのドクターに行ってみたけど、スルーされたわよ(笑)

昨日はホッケーママ(アジア人ではない)に、「うちの息子2、あんまりお勉強できないから、志望してる中学ちょっと厳しいかも〜」って言ったら、

「うちの息子は成績良いわよ。これから同じ学校に行く長女も成績良いし。」と言われ、会話が続かなかった。とほほ。

そこで、しらばく、謙遜やめて、自慢上手を目指そうと。

実はなんとアメリカ人でも「自慢上手になりたい。。。」と思ってる人がいるんだわ!

Brag!

という本、アマゾンで売ってました。

もちろん早速購入。

こんなことしてるから、断捨離、進まないんだわ。

あ、謙遜しちゃった!

うふ、私ってお買い物上手。英語はネイティブ並み(脚色)だしぃ、読むのは早いしぃ、もう最高。おっほほー。

。。。なんて自慢、書いただけで、苦しくなってストレスたまっちゃいましたわ。(苦笑)

Brag!を読んでみて、なるほど!という面白い発見があったら報告しますねー。

でも、まずは自慢する内容作りからだな。

ブログランキングで異国での生活に張り合いがでてますっ! ポチッとお願いします〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

自慢上手を目指してみようじゃありませんか!」への2件のフィードバック

  1. ユウコ

    ええ~!!そうなの~?
    NYなんて自慢ばっかりですよ!(って私の周りだけか?)
    だから自慢じゃなくて、近況報告って感じです。
    だから私のブログも自慢ばっかりになっちゃうのか・・・(苦笑)?
    でも、NYはそれに対して皆んながすっごく褒めて、応援してくれるんですよ。
    それがまたやる気に繋がる!
    中には変な嫉妬とか、ライバル意識とか出てくる人もいるんですが、大方大丈夫。
    例えば、「う、うちの娘、陸上記録会、400mで1位だったんだよ〜」だったら、
    「凄い!将来が楽しみね~。その記録しっかり残して、
    今後もいろんな大会に出場したら、推薦で大学入れるかもよ?
    陸上に力入れてる大学は○○だから、調べてみたら?」みたいになるし、

    「か、看護学校目指してるのっ」だったら(実際、私の知り合いママも今コミカレで看護科目指しています)、
    「素晴らしいわ!尊敬する!
    家事と子育てと学業両立させるなんて、なかなかできることじゃないわ!
    お母さんの勉強意欲が、きっとお子さんにもいい影響を与えるわよ。」とか。

    「うちの息子2、あんまりお勉強できないから、志望してる中学ちょっと厳しいかも〜」だったら、
    「大丈夫よ!まだ間に合うわよ!
    いいチューター知ってるけど、格安にしてもらえないか聞いてみようか?
    絶対成績UPするわよ。」とか、

    みんなお節介なのかな?
    りょうこさん、NYで自慢したほうがいいかも~(苦笑)。

  2. りょうこ 投稿作成者

    ユウコさーん、わーいコメントたくさんありがとうございます!
    NYは自慢ばかりか〜。自慢というより、自分に起きた嬉しかったことを仲良しに聞いてほしいってことなんでしょうね。
    あー、でもオハイオのダンナのまたいとこのクリスマスカードも自慢満載だし。でも、私、自慢されるの嫌じゃないんです。「すごいなー。がんばったよね!おめでとう!」とか「おっやったね、良かったね!」って思うの。でも、自分が何か良かったことを披露したときに、いつも自慢してくる人の反応が乾いてたら、「いつもあなた、一方的なんだから〜っ」と思っちゃう。まあ、ブログって元々一方的な独り言のようなものなんだから、自慢じゃんじゃんしちゃってくださいよー。ユウコさんのブログ見て、NYでのご活躍やおこさんたちの優秀なところ、爽やかに披露されてて、おーかっこいい!いいなぁ!って思ってますよ。

    まあ看護師になるって看護学校にすら入れてないし、prerequisitesが山のようにあって、まだまだ先の話で自慢にも何にもなってないのですが(笑)、インド人のドクターにとっては、うらやましくも、なんとも無いんだと思います。でもただ、ふっとアメリカにいるエリートインド人世界ってすごい競争の世界なんだろうなーっ。

    おお!お友達も看護師目指してるのですね!NYもう競争率高そうですね。こんなに狭き門だとは想像もしてませんでした。

    ユウコさんの周りのお友達や知り合いの方みたいな反応が、オレゴンの私も周りでも普通見られる反応です。ただ、よく自慢してくる人たちに関しては割と、自分のことだけ聞いてほしい人たちが多いのかなって感じたんですよねー。いろんな人たちがいて面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。