アメリカの教科書でまた第二次世界大戦の日本軍の話

看護学部入学のためにコミカレでとってる栄養学の教科書を読んでてビックリ。

嫌な経験が長い年月がたった後でも特定の食物への嫌悪感につながる例として、第二次世界大戦中に『Pacificで」日本兵と戦ったアメリカ帰還兵は50年たったあとも日本料理や中華料理を嫌う傾向が強いという例があげられてます。

日本軍とたたかったから日本食も嫌いっていうのはまあ分かるけど、なぜ中華料理まで嫌いに?

アメリカと中国は敵じゃなかったですよね〜。

もしかして、教科書まで中国と日本、ごっちゃにしてる?(まあ一般的なアメリカ人にとって日本食も中華料理も同じようなものっていうのもわかりますが。。)

こんなに可愛い教科書なのに。。。

こんなに可愛い教科書なのに。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、教科書はCengate Learningという出版社が出してる”Understanding Nutrition”です。

とここまで書いて調べてみたのですが、Pacificで戦ったということは、南太平洋だけじゃなくって中国大陸で戦ったことも入るので、アメリカ兵がそこで中華料理を食べ、でアメリカに帰ってきたあとも、中国での日々を思い出すから中華料理は嫌だ!ってことなのかな〜。

ってここまでこの栄養学の教科書を読んで分析してる大学生もいないだろうなw

まあ、アメリカで、日本も中国も同じって思われてるのよく感じます。

小学校高学年の子どもたちも、東京は中国にある、日本と中国の場所、逆に覚えてることも。

大人でも、東京は香港にあるんでしょ?とか言って来た人いたし。あ、あの人はアメリカで働いてるイスラエルの人だったかな。

あと、この教科書もだけど、小学校の教材や新聞読んでてよく感じるのが、アメリカって今でも日本によって戦争中にいかに被害がもたらされたかについて話題になりますわー。このあいだもオレゴン州のThe Oregonianという新聞に、日本から飛ばされた紙爆弾で何人のアメリカの民間人が殺されたかという記事が出てました。当たり前だけど、東京大空襲なんて記事にはなりません

知らない人も多そう。

私、アメリカに住むには繊細すぎるんじゃないかって思うぐらい嫌な気分になります。

このあいだもオレゴンの航空博物館に行ったときに、「バターン死の行進」で日本軍にどれだけアメリカ人捕虜がひどい扱いを受けたかという展示があって、さらにバターン死の行進を経験した退役軍人が集まる式典の用意をしてて、ものすごいアウェイ感。

アメリカの航空博物館って愛国心のかたまりですからねー。もう行きたくないわ。

普通に生活してると楽しいアメリカ。周りの人たちもいい人たちだし。でもたまに↑みたいなの見るとやっぱりここは永遠に異国だわって思うわ。

あ〜それにしても看護師になったら(っていうかなれたら?)戦争の話大好きな患者さんたち多そうだから大変そう〜!もっとさっぱりした強い人にならなくちゃ!って思うけど、無理だろうな〜w
ブログランキングで異国での生活に張り合いがでてますっ! ポチッとお願いします〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

アメリカの教科書でまた第二次世界大戦の日本軍の話」への4件のフィードバック

  1. 陸太太

    ほんとそうですよね。リメンバーヒロシマ!って叫ぶ?

    以前オーストラリアの郊外のスパに行ったとき、夫が入っていたスパに韓国人の団体が入ってきてはしゃいだそう。そしたら隣のオーストラリア人が「ちょっと先進国の仲間入りしたからってでかい顔しやがって」といいながらでてったそう。おいおい、日本人と韓国人の区別ついてない?まあ、そんなもんでしょ。

    ところで、ブログ村のランキングもうやめたんですか?いつもそこで覗いてたのに。わたしのブログにブックマークさせてもらっていいですか?

  2. りょうこ 投稿作成者

    陸太太さん、
    ね、残念ですよね。ヒロシマナガサキのことを知らないアメリカ人多いですよね。でもそれは日本がすごく遠慮してるからって感じもします。アメリカ人の同僚に、「日本はアメリカにあんなにひどいことされたのに、みんな怒ってないの?」って聞かれたことがあります。ひどい事したっていう自覚があるアメリカ人もいるんだなと新鮮でした。
    そのオーストラリアの件、もしかして、経済成長を最近大きくとげた韓国ってわかってて言ったのでは?うらやましいんでしょうね〜。
    でも、オーストラリア人も十分日本ではしゃいで騒いでます。成田から札幌千歳行きの国内線の中で、修学旅行バスの中学生みたいにオーストラリア人の団体、酔っぱらって大声で騒いでましたよ。次、スパでそういう発言するオーストラリア人がいたら言っておいてくださいね〜w。
    そうそう、ブログ村ランキングやめてませんよ〜。もう生き甲斐になってます(笑)前の投稿に追加でちらっと書いたのですが、なんか私、シアトルポートランド情報カテゴリでひとりいちにち何回も更新してて(しすぎだよ。ははは)新着記事のところに私の投稿ばっかり載ってたので、もう少し大きいカテゴリに引っ越したほうがいいかしらと思ったの。で、アメリカ情報に引っ越してきました。出稼ぎです。ブックマークさせていただけると嬉しいです!私のブログにもリンク貼らせていただきますね。宜しくお願いしま〜す!

  3. キャシー

    ホスピタルボランティアの際に、ボランティアコーディネーターに要望を聞かれて、私は第二次大戦に参加されて反日感情の剥き出しの患者さんと家族は無理ですとハッキリ伝えたら、コーディネーターから、その時代に現役だった退役軍人の方は大抵亡くなっているし、配置の際は配慮しますとのことでした。大半はベトナム戦争帰りで、反日感情は少ないはずと言われましたよー!日本の基地に行滞在歴のある方は親日派も多いと聞きました。希望をリクエストできるはずなので、率直にお伝えしておくといいかもしれません。

    オレゴンは成田への直行便もあり、意外と反日感情は高くないらしいですが、唯一アメリカ本土で死者を出した辺りは複雑ですよねσ(^_^;) イギリス人大学生も「日本は中国のどこにあるの?」なんてレベルでしたよ(^◇^;)
    日本も頑張って存在感をPRしないといけないですね!

  4. りょうこ 投稿作成者

    キャシーさん
    まあ反日感情ある人はそれほどいないだろうし、最初から患者さんも断ってくるでしょうね。でも、もうただの思い出話でも歴史的な一般的な話でも第二次世界大戦の話をされるだけでも私アレルギー反応になっちゃうんですよー。っていうかどの戦争の話や武器の話とか紛争の話全部アレルギーなんです。まあ慣れるしかないですね。アメリカだし。。。
    もし仕事についたらそんな好き嫌いいってられないし。アメリカ本土で死者を出したって言われても、じゃあ日本なんて主要都市ほとんど全て焼け野原でしたからね、文句言われても強く出れますわ。非戦闘員がたくさん犠牲になったんだから。文句言われる筋合いはないわよって感じですよね。あ!でも、第二次世界大戦のせいで反日感情といえば、日本以外のアジアの方の可能性も(っていうかそちらの方が強いかも。。)戦争のせいだわまったく。。。

    えええ!大学生でも日本が中国の一部だと思ってる人がいるとは!なんかもう笑うしかないって感じですね。
    そうそう、ボランティアコーディネーターの女性に、私はタバコを吸うひとの住んでるところはパスします〜って言ったわ、そういえば。あと感染症もこわいですとか言ったら笑われました。そんなところにボランティアさん送らないですよ〜ってw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。