コートで相手を罵倒する言葉、聞くのはツライですね。

数日前目撃したテニス練習中の時の隣のコートの外国人ご夫婦。奥さんがスゴイんです。ダンナさんを怒鳴る。罵倒、罵声の連続。

私も嫌だったし、一緒にテニスしてた子どもたちにこれをずっと聞かせるのも嫌だったので他の面に移動しようとしたけど、移動できず。

で、私思ったんです。

これもある意味暴力じゃないかしら。

女性から男性に向けてで、あんまり取り上げられないパターンだけど。

それに殴ったり、蹴ったりの暴力じゃない。

でも言葉の暴力っていうものもあるんじゃないかしら。

ダンナさん、「ソーリー、ソーリー」の連続でした。

もしうちの子どもたちのテニスが上手くて、その夫婦の方にボールが転がって行かないなら、「もう少し、声、小さくしていただける?」ってお願いできたと思うけど。。

うちの子どもたちのボール、女性の方にゴロゴロ転がっていってばかりで。。。

神聖なコートですわよ。

こういうふうに2面隣り合わせなの。

それで、ますますキーキー怒ってたし(「この子たちのボールのせいで、今ミスしたのよ!やりなおし!!!」とここだけ英語になってたわ)

だから、さすがに文句も言えず。。。緊張したわ。

昨日のお隣グループは良かったわぁ。

韓国人グループで、こっちの球が転がって行ったから「ソーリー」って言ったら、穏やかにひろってぽーんと投げ返してくれて、「ノープロブレム〜」ってやんわりと。

こういう雰囲気が一番だわ。神聖なテニスコートでは品位を保たないとね

私もテニスの時、クッソーとか言うのやめようと思ったわ。そして家ではオットに優しくしようと思ったわ。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。