日別アーカイブ: 2017年6月3日

猫好きな方は読まないでね!グロ系です

今学期の解剖生理学、解剖が多い!解剖生理学だから当たり前だけどね。牛さんの脳から、豚さんの心臓。でも臓器だけだったからまだ大丈夫だったの。

でも、今回は猫さん全身!!!(っていっても毛皮部分はもう取り除かれていたけど)でもでも!頭の部分だけはそのまま!ただ濡れた猫って感じ!!!眼とか飛び出した舌とかまで見えるの!!!ぎゃー。

今回も「ありがとうございます。一生懸命勉強するからね」って言ってから解剖しました。他の人はそんなこと言ってないけど、私は言わないとなんか気がすまないの。

動脈、静脈を探す解剖だったので、探しながらメスで切っていくわけだけど、切る感覚が鶏肉や豚肉を切る感覚と似ていて、その日から肉が食べられなくなったの。

子どもたちには、そのまま焼くだけでオッケーのお肉を食べさせよう。

働き者の看護助手の癖で後片付けも一生懸命やってしまい。。。

まず猫さんを置いて解剖したトレーを流しに持って行って、洗い流したわ。そしたら、汁が飛んで来て直接浴びてしまった!

切り取った大きい部位は専用の容器に移したんだけど、細かい切れ端はまだ残っていてそれが流しのシンクに流れていく様子がもうダメ。

でも猫さんの命を無駄にしないようにこの一生懸命期末直前のこの週末、勉強します!

それに。。。

やっぱり教科書で見るだけより、実際に解剖して勉強した方がずっと頭に残るわ。

しかも解剖生理学1で解剖したラットより大きいので臓器が良く見えました。

猫さんには感謝です!

ちなみに、この猫さんたち、オレゴンとワシントン以外の州のシェルターから送られてきたんですって。

猫を飼うときはちゃんと避妊手術を受けさせればこういうことにならないのにね。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


海外での育児ランキング

ポートランドで起きたヘイトクライムについて、違った見方がさすがー

ポートランドで起きたヘイトクライム。白人至上主義者の男性が有色人種の女性ふたりに怒鳴りつけ、それを止めようとした白人男性2人が刺殺されたんです。

全国ニュースにもなったけど地元ではかなりショックを受けてます。ソーシャルメディアでもかなりの注目集めたし、マスコミで取り上げられない日は無いっていうぐらい。

最初は「みんな人種差別主義者の行動に衝撃を受けているのね。。」って単純に思ったわ。

でも、昨日OPBラジオを聴いていて、「なるほど。。。」って思ったの。

今回の事件で殺されたのが、アジア系女性2人とかだったら、アメリカではここまで大きな事件として扱われなかったんじゃないかってこと。

やっぱりね。

やっぱり心理学的に「人間って、自分と同じような人にもっと同情する」もんなんでしょうね。

トランプ大統領が就任してから、ヘイトクライムは急激に増えているんですって。

私たちだってターゲットになる可能性大。

さて、対処法、どうしたらいいんでしょ。

私の知ってる限りメディアでは話題になってないけど。

何か言われても反論しないのが一番なんでしょうね。目をそらして、そ〜っとその場を立ち去る。

悔しいけどね。

今回の事件もそうだけど、こういうふうにもう全て「移民のせい」って逆上してる人はどうやって反論しても「ああそうですか」ってならないんだし。

人種関連で反論しても逆ギレされるだけだし。(コチラにも体験談書きました)
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


海外での育児ランキング