カテゴリー別アーカイブ: 子どもたちの学校生活

アメリカに留学するときに選ばない方が良い専攻

以前、アメリカに留学するときにこの学部を選ぶと就職苦労するよ特集を組んでいたときがありました。で、追加編。

社会学。。ソシオロジーです。

昨日、看護学校のクラスメートたちと話していて、実は大卒のクラスメートもいることがわかったの。

で、どこの学部〜?って話してたら社会学部だったことが判明。

「就職全然なくて大変だった!大学の就職アドバイザーとかは、社会学部でも就職ばっちりよ〜って言ってたけどあれはウソ!」って怒ってたわ。

時間無駄にしたよ!って。

看護師もしてる看護大学の先生も元社会学と文化人類学ダブル専攻。その後に看護大学に入り直したみたい。

大学の専攻を選ぶときは「情熱の持てる分野」「好きな学部を」ってアドバイスされるけど、やっぱりアメリカでは就職できるのこの学部でってことで選んだ方が絶対に良いと思う。

アメリカの企業って即戦力を求めてるし。

もうひとりのクラスメートのお子さんは歴史専攻を選んだみたい。

「え、就職無いよ!」って言いそうになったけど、お母さんは大学を出ていないのですごく誇りに思ってるみたいだったので何も言えず。。。

私が留学していたころの経済学の教授の話では「大学院に行って、博士課程出ても、教授って言ったって、有名大学出てないと良いところに就職できないし」だそうです。

今ハイスクールシニア(高校の4年生)、日本で言うところの高3の娘。

小学校の先生になりたいので教育学部を目指したいみたい。

教職とれると良いな〜!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

音信不通になることが目に見えてる。。。

部活動が毎日じゃないおかげで、いろんなクラブに入れるのがアメリカの高校の魅力的なところ。

息子1は仲良しの影響でディベートチームにも入ってます。

で、今週末は金曜日からシアトル(まあ詳しくはタコマ。でもシアトルって言ったほうがかっこいいよね〜w)

シャワーも浴びずに仕事から帰ってきてから直接息子1を集合場所の近所の高校まで送っていったわ。

仕事柄、シャワー浴びないとちょっと汗だくなのに。

去年はちょっと緊張してたけど、今年はもう様子もわかってなれてきたみたい。

「相手を打ち負かすの、楽しみ〜!」ってこっちも振り向かずにバスの方に歩いていった。

「着いたよ〜」も「楽しいよ〜!」も何も連絡来ないまま。

日曜日のお昼。

「今日ホッケーの試合に間に合わないから」

とだけ連絡が入った。

「楽しんでる?」とかいう質問はスルーされた。

大学に入って一人暮らし始めたら音信不通になるのが目に見えてる〜!

そういえば、プリスクールだって娘は大泣きしたけど、息子1はこっちを振り返りもしないで楽しそうにクラスに歩いていったもんなー。

独立心が強いんだわ。。。

ちょっと親としては寂しいけどね。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング