カーペットに血がつくことぐらい

もうモカはかなり高齢で歩くのもヨロヨロ、普通に歩いていても転倒することが多い。

だから全身麻酔で手術なんて絶対に無理。

なので、腫瘍が発見されたときから「最後まで大事に大事に優しくしてあげようね」というのが家族で合意したこと。

出血が始まったのは昨日の昼間。

モカは柔らかいカーペットのある2階でお昼寝するのが大好きなのに、私たち、カーペットに血がつくよねと言って階段をのぼらせないように階段の下に椅子を置いてバリケード。椅子を超えて行くほどの気力も無いみたいだし。元々怖がりだから障害物を超えてどこかに入るってことはしない犬なの。

1階はフローリング。だけど、ちゃんとモカようの大きなふわふわのベッドも1階においてあるし良いよねーと。

で、外出から帰ってきたら床に血が落ちてた。

そして初めてうんちもしちゃってた。家の中でうんちするなんて生まれて3ヶ月だったころうちに初めて連れてきた翌朝だけで一度も無かったのに。

と思ったら、赤ちゃんのころのモカを思い出した。

そして、赤ちゃんのころのモカと一緒に遊んでたまだ小さかったころの子どもたちの笑顔を思い出した。

あと何ヶ月モカと一緒にいれるかわからないけど、モカと過ごした年月は私達の家族にとって大切な時期だったなあ。家族の一章がもうすぐ閉じようとしてるんだなあと思うとジーンと涙がにじんできた。

モカが一番好きな場所は、息子1の部屋の机の下。

もう血ぐらいカーペットについても拭けば良いよ。って思った。

意地悪なバリケードは避けてモカが階段を登れるようにしてあげた。

さっさと息子1の部屋に入っていって机の下のベッドの中で丸くなってた。

意地悪しちゃってごめんね。そして、バリケードよけてよかったと思った。子供に優しさを教える機会を逃すところだった。

と、数日前に書いた記事です。直後に血がとまって元気に。犬は強いよ!

せっかく書いたので投稿します。

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

すぐに韓国ドラマに影響される

青春の記録ですっかりポゴムさまの美しさに魅了された私。そしてすぐにドラマに影響される。

そっかー!男のファッションモデルっていう道もあるわね!うちの息子1と息子2、めちゃめちゃ長身で細いしモデル体型だよっ(スミマセン親ばかです)。

よくあるよね〜。お姉ちゃんやお母さんが勝手に写真送ってオーディション受けることになってスターになったっていう芸能人。

で、写真送ろう〜って盛り上がってたら(はい、もちろん私ひとりでもりあがるいつものパターンです)、モデルにあこがれていた時代がある(今もだけど)娘が、

だめだよ、普通の写真じゃ。上半身ハダカになって背景が白いスタジオでとったみたいな写真じゃないと。ちゃんとしたカメラで撮ったやつじゃないと。と厳しくアドバイス。

青春の記録のポゴム様のイタリアでのファッションショーシーンを見せても、「ダメダメ、あの歩き方じゃ。硬すぎるよ。」と厳しい指摘。

娘と一緒に早速ユーチューブでトップ男性モデルみたいなのを観てみたら、元ダンサーとかみたいにステージで人を魅了するのが好きじゃないとだめね。

あ〜だめだわ、うちみたいに花のない、地味な息子1と息子2じゃ。

とすぐに冷めました、私(笑)

それになんといっても本人にやる気がないとね。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ