ホテルのロビーでチームメートのお父さんに呼び止められた

このあいだの遠征、楽しかったのでまだ余韻にひたってます。

朝食をとるためにホテルのレストランに向かう途中、ロビーでチームメートのお父さんに呼び止められたの。

息子1のチームに唯一2人いる女子選手のうちの初心者の女の子のお父さん。

ちょっと立ち話しかしたことなかったのだけど。

聞きたい事があるんだけどーって。

試合時間のことでも何か質問かしらと思って立ち止まったわ、私。

ホッケーお父さん「アイスホッケー経験者なんですか?」

私「はい、以前。ちょっとだけですけどねー」あらそんなやっぱりアスリートっぽく見える?うふ

ホッケーお父さん「やっぱり!!!2年前のクリスマス・イブ、アイスホッケー練習のとき、まだ初心者だった娘と一緒に練習してくださった方ですよね!!!」

すっかり忘れてたけど、そういえばそんなことがあったわ!

まだホッケー始めたばかりで、リンクに乗るのに、おどおどしてたその女の子に「一緒にパスの練習しようよっ!」って誘ったんだった。

そして、一緒にパスの練習したんだった!

息子1と息子2とその女の子と私4人で。

いやーすっかり忘れてた〜。

ホッケーお父さん「うちの娘、それですっかりインスパイアされちゃって。あの時誘っていただいてほんと助かりました!」

嬉しかった!

コーチでも無いのに、誰かをインスパイアすることができてたなんて!!!

あの練習のおかげで自信がついてきて、今では高校チームに入ってるんですってー。

頭打って脳震盪おこしたり、怖くてやめちゃったホッケーだけど、誰かの役にたてたなって嬉しい出来事でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

アイスホッケーの子どもたちって興奮しやすい?

今回久しぶりにアイスホッケー遠征に行って思ったけど、テニスしてる子たちと全然違う〜。

アイスホッケーっ子たちは、やっぱり興奮しやすいっていうか、

チームスポーツのせいか、団結と盛り上がりがすごい。

今回のマリオットホテルでも会議室を週末ずっと貸し切りにさせてもらって、

ホッケー少年少女たちの遊び場用に使わせてもらった。

てっきり、みんな会話なしで携帯でゲームしたり、スナップチャットするんだろうなって思ってたら。。。

なんと連日、ミニホッケースティックを使って、ミニアイスホッケー!

試合で疲れ果ててると思ったら、あんたらまだそんなエネルギーあるのっ!?って感じ。

うふふ、もしかしてテニスコートがあったら、テニスしようと思ってた私。

ラケットもちろん持参。

子どもたちのミニホッケーに乱入!

おばさん、参加に、みんなうざがらず優しく受け入れてくれました。良い子たち〜!

ホッケースティックの代わりにラケットを使用。

ものすごく盛り上がって、汗ダラダラ。

でも、はっと気付いたの、ラケット振り回しすぎて、子どもの歯なんておったらやばいわ。

ということで、途中退場。

参加してくれてありがとうっ!なんて爽やかに言われて、嬉しかった。

でも、息子2と一緒にテニスしてるテニス少年少女たちはそんな盛り上がりっていうか明るさが無いなぁ。

割りとおとなしいというか。

試合でみんな集まっても、別にチームメートたちで会話するわけでもないし。

泊まりの遠征が無いせいかもしれないけど、特に仲良しというわけでも無い。

なんか寂しいなぁ。個人競技だもんね、基本。

あぁ、息子2もアイスホッケー続けてたらなぁ!!!

あの頃はほんと楽しかった。

遠征とかみんなですごく盛り上がって。

テニスじゃ、やっぱり応援する親たちも自分の子どもしか見てないし。私もだけど。

でも、氷上で相手チームのディフェンスマンとかにぶっとばされて、ぶっころんだときとか、こっそり涙流してたのと打ち明けてくれたから、しょうがないな。

おとなしめのテニスが向いてるんだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ