カテゴリー別アーカイブ: 子どものお勉強

SATよりInvisalign?

娘のアメリカで受験直前追い込みラストスパート!っていうぐらいな時期のSAT1週間前。SATっていうのはアメリカの大学進学適正試験で、日本で言うところのセンター試験っていう感じ。

普通なら、緊張して夜遅くまで勉強しているはずなのですが。。。

うちの超ノンビリした娘は、SATよりも今日付けてもらった歯科矯正のための器具、Invisalignの方に夢中w

いかにこのInvisalignと歯ブラシ業界がタイアップしてるかを示すような豪華なおまけもいただきました。

Oral-B!しかも、電動歯ブラシのライトの色も選べるの〜!まあおまけというよりはうちが払った治療費に含まれてるんでしょうけど。

そして携帯とブルートゥースでつないで、歯の磨きたりない部分まで教えてくれるの〜!

もうそっちの方に夢中で、SATの方はすっかり忘れてるっぽいw

まあ、今まで受験勉強がんばったんだから、直前はリラックスする方が良いよ〜ってふうにも思えますよね。

うふふ、それは今までガッツリ勉強して来たお子さんのためのアドバイス。

オンラインの教材も買ってあるのにうちの娘の場合、たぶん勉強に費やした時間は。。。たぶん15分ぐらいでしょうかねえ。

昨日図書館で借りてきたSATを開いた娘。

本を開いて、量の多さにフウって感じ。

なんかオットと私、大笑い〜。

あ、でも速読の練習は夏休み、息をつく暇も無いほど頑張ってましたよー。

NARUTOをYouTubeで観て、字幕を読むことですがw

フィンランドで識字率が世界一なのはテレビに字幕を付けることが義務付けられているからとか。

って思ったけど。。。

考えてみたら、NARUTOのボキャブラリーってSexy no JutsuとかSharinganとかで、絶対にSATには出ないボキャブラリだな。。。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

は〜成績優秀じゃなくて良かった

大好きなNPRラジオで聴いた話。ハーバード大学に成績優秀なのに入れなかったアジア系学生たちがハーバード大学を訴えたという話に関連した番組だったのですが。。。

出てきたアジア系女性がすごい。小学生のころアメリカにアジアから移民して来たこの女性、10年前、高校生だったころSAT(大学進学適正試験)は満点の1600点。まあ、これアジア系高校生に多い話。しかも、高校生なのに2年もメディカルスクールでインターンをして、もちろん普段の成績も優秀。

なのに!ハーバード大学に受からなかった。

そして、高校の同じクラスのスポーツ頑張ってた白人クラスメート2人。ハーバード合格。。。

その2人のSATは1330と1340ぐらいで、このアジア系女性よりずっと低い点数なのに。。。

でも、この体育会系の白人学生にはアジア系学生に持ってないものがあったの。そして、新興移民には決して手の届かないもの。。。

それは。。。レガシー枠で入れるっていうこと。

両親のどちらか(または両方)がハーバード出てれば、子どもの入学にも有利になるってこと。

やっぱり、子どもが受かれば、卒業生である親からの大学への寄付金はずみますからねー。

このアジア系女性、かなり悔しかったようで、10年たった今でも、同じような境遇の学生を助ける活動をしてるみたい。

ふっ。良かった。うちは成績優秀じゃなくて。うちは半分だけどアジア系。アジア系じゃ、成績優秀でもこうやって頭打ちがあるんですもの。(ってかなり負け惜しみ入ってるけど笑)

こうやってハーバード大学などアイビーリーグ落とされて人種のせい!っていう悔しい思いもしなくて良い。成績優秀じゃないから〜。

それにレガシー枠も関係ないし〜w

うちは夫婦揃って州立大学。

でもさ、このラジオ聴いてて思ったけど、つくづくアメリカって意外と階級社会だよなー。

で、こういう階級社会って抗議したぐらいじゃ、結局変えられないと思う。

だからアイビーリーグ以外の大学に入って、そこで成績トップクラスになってエリートになって見返してやればいいんだって思うわ。

ハーバード大学を訴えてるアジア系学生やその親たち、ほんとこういうことにエネルギーと時間を費やすのもったいないと思う。

それまで自分たちを必要としない大学になんて、受かっても入ってやらないぜみたいな強さも必要なのでは?

アジア系ってほんとアイビーリーグ好きで、足元みられてる感じがする。あ〜蹴ってみたいハーバードw

(以上、アイビーリーグにまったく届かない元タイガーマムの遠吠えでした。)
 

ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング