カテゴリー別アーカイブ: 子どものお勉強

アメリカのメディカルスクール、昔よりもっと競争率激しいのね

毎年楽しみにしているオットの同窓会に今年も参加してきました〜。

素敵な古い建物で行われる同窓会。

外も中もハイソ。

あぁ素敵。

私たちが座ったテーブルに一緒に座った年配のご夫婦。

たぶん80歳ぐらいかな。

なんとご夫婦そろって元ドクター!

その当時で女性でドクターって少ないですもんね。

しかもダンナさまは、息子1の目指す整形外科医だったんですって〜。

早速、アドバイスをしていただいたわ。

やっぱり彼らがメディカルスクールに入った当時より、今はずっと競争率が上がってるみたい。

女子もたくさんいるし、なんていっても、当時はオール白人だった学校にアメリカ国内外から集まった秀才インド人や中国人学生たちがいますもんね。

確かに、うちの子供たちの中学高校もそうだもの。

だから、プランB、つまりメディカルスクールに入れなかった場合のことも考えて大学の学部選びをした方が良いそうです。

そういう意味でも、息子1、機械工学を学部で専攻したいそうなのだけど、安全な道かも。

美味しいお食事にワインに、デザート。

つかのまだったけど、あぁ楽しかった。

さて、現実に戻って締め切りギリギリの微生物学のペーパーだ〜!

↓アメリカ情報ブログランキング参加中!

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

アメリカでも基本は予習復習

アメリカの学校に通う子どもたちに何度説明しても理解してもらえないコンセプト、勉強の基本「予習復習」。

アメリカの学校の勉強って基本は宿題なんです。

テスト勉強っていうコンセプトが高校卒業するまで無いような気がするのは私だけかしら。

子どもに「勉強しなさい」って言っても、「もう宿題終わったもーん」「今日は宿題無いのー」って返ってくる。

しかし、大学では宿題だけでは全然足りない。

「宿題」はちゃんとやってたけど。。予習復習してなかったから理解度が足りなかったわ。

日本で培った「予習復習をする習慣」が大切ってことを今日思い知りました!

微生物学の中間試験。

結果は散々でしたー。

まだ採点結果は出てないけど、ちゃんと予習復習しないで、問題集を眺めてるだけの勉強方法では全然だめだったわ。

あともうほんと残すとこ少ししかない今学期。

予習復習でがんばろう。

こんな勤勉な母を見て見習ってほしいものですが。。。

「宿題終わった〜!」とゲームしにいってしまいましたわ、息子2w

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村