高速道路をダンプカーと並走するポートランドマラソン

行って来ましたポートランドマラソン!暑い山火事、仕事忙しいを理由に超練習不足で後半かなり失速する失敗レースに。

でも数日前まで風邪からくる中耳炎で抗生物質飲んでたし、風邪で体力落ちてたのに完走出来たから自分を褒めてあげようって思います。

ポートランド市から交通規制の許可が下りず一時は中止が危ぶまれた今年のポートランドマラソン。

ダンプカーが行き交う怖いハイウェイ30の往復がメインのコースということを走り始めてから知った私。

DNSも多かったんじゃないかな。

参加者が少なかった気がします。


で、St. Johns ブリッジも往復。


眺めは最高よね。

University of Portland あたりのエイドステーションでランニング仲間がボランティアしていてくれて元気が出るハグしてもらった!

ありがとね!

20キロ付近で練習不足の足の裏の皮膚がやばい痛さに。

シューズを脱ぎながらもうDNFかと言う言葉が頭をよぎったけど。。。

さっきのハグやファーストエイドのボランティアさんのYou are my hero!っていう褒め言葉で辞めるわけにはいかないわ!と燃える。

アメリカ人褒めるのうますぎ!

でもハイウェイ30の復路ではこのコース最低って呟くぐらい嫌なコースだったわ。排気ガスもすごいし。

あんな道路に何時間も立ってるなんてちびっ子ボランティアさんとか危ないと思う。

もう来年もこんなコースならポートランドマラソンやめてユージーンマラソンにしようかなとも思うけど。。


この美しく輝くメダルを見てその決心も揺らぐわ。

自宅から30分ぐらいで行けるレースってやっぱり便利なのよね〜。

ゴールした時、また男と思われて小学生ボランティアに男の人用のバラもらいそうになったわ涙

でもピンクのほしいのと言ってみた。おばちゃん頑張ってます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。