やっぱりコーチのアドバイスを聞くって大事

最近入ったテニスリーグで新しい出会いがたくさん。で、聞かれるのはテニス始めて何年?ってこと。答えるのが恥ずかしいのですが、テニス習い歴、実はもう13年。でも未だに初心者クラスなんです。

しかも、ラケットを握ったのは子どものころ。なのに。なぜいつまで初心者レベルなの〜!

運動神経も悪いのかもしれませんが、一番の理由はコーチのアドバイスをちゃんと聞かないでプレーしてきたことだわーって実感。

最近、リーグに入って試合に出るようになって、コーチのアドバイスも真面目に聞くようになったら、結構ちゃんと上手くなってきた感じがする〜!

以前、IT業界にいたころ、台湾人の親切な同僚に「りょうこは人のアドバイス聞かない」と言われたことがあるけど、ほんとだったかも。

大人のダブルスって、反射神経とかより、作戦の方が大事な感じがします。

だから、結構年齢が上でも強い人たちがいる。

今日のテニスクラブでの練習試合も週の最初の方のレッスンでコーチからもらったアドバイスの通りにやったら上手くいったような感じがします。

コーチに言われたのは、サーブがゆるすぎる〜

前衛のときに、センターによりすぎる!ってこと。

ちゃんと忘れないようにしようー。

そしてこういうこと忘れないように集中してたら、着替えを持ってくるの忘れて、しかもシャワーを浴び終えるまで気付かずw

せっかくシャワー浴びてさっぱりしたのに、汗だくのスコートとシャツで帰ることに。トホホ。

ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。