「貧困大国アメリカ」かなり極端な例も

なるほどーと思える部分も多いですが同時にそんなひどい状況聞いたことないよっていう極端な例も多いような感じがしました。

日帰り出産とか、まさか〜。でも日本より確かに入院日数は少ないですね。

でも入院するときにティッシュペーパーや脱脂綿持参なんて聞いたこともないです。

後、ずいぶん前から興味のある社会問題としての肥満の問題。必ずしも貧困と結びついてるわけじゃないかもなと思います。割と裕福そうな人々もかなり肥満だったりするし。

統計とったわけじゃないし、私個人の主観ですが。。。砂糖の過剰摂取とヘルシーなものでも何で量が半端じゃない事がメインの理由なんじゃないかな~。

  • アメリカ人の多くが甘いものがすごく好きで、市販でも手作りレシピでもとにかく砂糖の量が半端じゃない。シュガーフリーでってオーダーしたら人口甘味料入りのドリンクが出てきたり。
  • 今スタバでオーダーしたアイスティー、甘くないのにしてくださいねって念をおしたのに、砂糖入りだし。もうそれがデフォルトなんですよね。
  • さっきコストコのフードコートで文化人類学のフィールド研究(妄想)してたら、みなさんが買ってたヘルシーと謳われているフローズンヨーグルト、巨大でした! 日本のソフトクリームが4個分は入ってるわ。

どんなに甘くても量が多くても、もったいないから、大人って全部食べれちゃいますよね。

スタバのアイスティー

勿体無いけど砂糖無しに替えてもらったわ

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきアイスティー取り替えてもらったおかげで砂糖26グラム、100カロリー摂取しなくてすんだわ〜。

さて私事ですが、137.8ポンドまで減少しました〜! でも62.5キロもあるわ。頑張ろう!

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。