フランス語と中国語と韓国語で外国気分

ポートランドからバンクーバーへの便。エアカナダなので機内アナウンスも雑誌も英語とフランス語。

なんか飛行機に乗った瞬間、外国だわ〜!って感じ。フライトアテンダントさん達の会話もフランス語。

いや〜フランス語、聴いても全然分からないわ。単語が全部繋がって聴こえる。

でも雑誌のバイリンガル表記はなんとなく簡単なことなら理解できるわ。

英語とスペル似てる感じ〜

なんてねー。

とか思ってるうちにカナダ到着。

バンクーバー空港はアジア方面にむかう便のゲート付近のせいかしら。

アジア人ばかり。

働いてる人も。

さすがバンクーバーだわー。

旅行客も、聴こえて来るのは中国語と韓国語ばかりだわ。

日本語は一度も聴こえて来ないわね〜

日本人が静かだから?

あ!今、金髪の白人女性が!外人さんだわ!って自分が外人だったわね。

さて、去年の同じお昼過ぎのフライトでエアカナダ、ごはんの量が少なくて、隣に座った女の人のお煎餅を見て、「く、くださいっ」と言いそうになった辛い経験から、今年はバンクーバーにいるうちに空港で何か食べる予定。

何が美味しいのかなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。