不合格への抗議電話をしてみた!

アメリカって文句、苦情を言ったもの勝ちなとこありますよね。不合格についての投稿にも書いたけど、やっぱり納得いかない!

右側が麻痺してる患者さんに服を着るお手伝いをするとき、シャツもズボンも右側(つまり麻痺側)からっていうルールがあります。

  1. シャツ右袖(麻痺側)
  2. シャツ左袖
  3. ズボン右脚(麻痺側)
  4. ズボン左脚

の順番です。

で、仕事の休憩時間に試験をとりしきってる協会に電話。そしたら、「上のルールは間違ってて、シャツ右(麻痺側)、ズボン右(麻痺側)、シャツ右、ズボン左で着せるのよ」って電話に出た女性に言われ。

ええ!シャツ着せ終えるまえにズボンの片足だけ入れるの???知らなかった〜。それじゃあ私間違えね。

と納得。で、試験監督さん、ごめんなさい!やっぱり私のミスだったわ〜って思ったの。

でも、職場でみんなに聞いてみたけど、そんなルール聞いた事がないってだれもが言うんです。

で、また電話してみたら、今度はもう少し偉い人が出て、その人が言うには。。上の女性の説明は間違ってて、

試験監督のメモによると、上記の3番と4番の順番を私間違えたって言うんです。

まさか〜、こんな単純なこと間違えてないわよ!絶対にちゃんとやったわよ!

って抗議してみたけど。。。

メールで正式に抗議してみてって言われたけど、ダメでしょうね。

まさか、試験監督が「あら、そうね。私、書き間違えちゃった〜」なんて言うわけないもの。

かなり悔しいし、納得いかないけど、しょうがない。

あと一回チャンスがあります。がんばりましょう

いや〜、それにしても、仕事が辛い、数人一緒に仕事がしずらい同僚がいる!とか文句言ってたし、もう続けられないかも。。とか言ってたけど、看護助手の資格試験落ちてしまうと、仕事の楽しい部分ばかり思い出されて。。。

昨日も職場でちょうどシフト交代のときに、同期の仲間がいたので、「落ちたの〜!」って騒いじゃった。夜勤で疲れてるのに優しく聞いてくれたわ〜。介護の仕事をしてる子たちだけあって、私よりずっと若いのに大人だわ。

夜はテニス仲間とテニス。でも朝5時起きで7時から働いてるので夜のテニスはかなり眠いわ。あくびが止まらず。Wake up, Ryoko〜て笑われたわ。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。