子どもに親の理想を押し付けるのはそろそろ諦めないとね

成績は良くないけど、運動神経がずば抜けて良い

っていうイメージが息子2にはずっとあったの。

6歳ぐらいのときはサッカー、ゴールしすぎてコーチに試合から外されるぐらい。

それで「息子2は運動の才能がある」って思い込んじゃって、無理やりいろんなスポーツをさせたわ。

スイミング、水球、フィギュアスケート、アイスホッケー、クロスカントリー、スキー、サッカー、陸上競技、なんとバレエまで。

楽しい!早く練習行こうよ!っていうのは何一つなかったけど。。。

でも、運動センスはあるみたいで最初はある程度周りの子より上手なの。

でも「やる気」っていう一番大切なものが欠けてるから、トップ選手にはなれないまま、そのまま自然消滅というパターンが続き。。。

最近はテニスを始め、まあ嫌がることはほとんど無いけど、それほど夢中でも無い。

今日も親子テニスというイベントがあったから、誘ったけど、いやだと断られ、変だけど私だけ行ってきた。

むなし〜って思いながら、親子連れが並ぶ入り口のところで、

あの。。息子が来たくないっていうから、親ひとりで参加しても良いですか?と聞いてみたわ。

で、試合開始。

きゃー楽しかった!

ずっと足が痛くてテニス休んでたけど、完全復活よ。

クラスのカタログももらってきた。

あまり息子2に期待しすぎないで自分で楽しもう!

って思ったわ。

ただ、あまり運動不足になると体力が落ちるので週2回ぐらいほそぼそと続けてもらうわ。

でも夢中なものがひとつでもあると、不良にならないって聞いたことがあるから何か夢中になれるものがあればいいんだよね。

ふふふ、実は夢中になれるものがひとつ。。

ゲームのビルダーズクラブに入って寝食忘れてのめり込んでるわ。

うん、オタク少年。無理にスポーツ少年にしないほうが良いよね!

って前もポケモンカードばかりに夢中だったころ、宣言してたわ、そういえばw

さて、どんどんクリスマスムード。近所のベサニービレッジモールがこんなに素敵になってました。なんとこれ、朝の出勤途中によったスタバから撮った写真。こんなに暗いんですよ〜。朝なのに。


↓アメリカ情報ブログランキング参加中!

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

子どもに親の理想を押し付けるのはそろそろ諦めないとね」への2件のフィードバック

  1. ボニー

    私は何にも習わせてない・・あかんやん。余裕なしなので仕方ない?それでもするべきかな・・・それにしてもすごく習わせてますね~~。

  2. りょうこ 投稿作成者

    ボニーさーん、
    ね、今こうやって振り返ってみるとほんといろんなこと習わせてみたなって思います。もうほとんどこれは私の趣味の領域ですなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。