なつかしいところに行ってきた

今のうちに引っ越してきて1年半ぐらい。

息子2が久しぶりに前住んでいたおうちを見に行きたいというから一緒に歩いて行ってきた。

どこかに一緒に行きたいなんて、「タコベルつれてけ」ぐらいしか無いのでホクホクついていったわ。

モカも一緒に。

毎日、外遊びしたり、小学校に通った道。

お世話になった林の中の道。

きのせいか、道幅が狭くなってる。

それとも私の身体の幅が広くなっただけか。

なつかしい元のうちまでたどり着いた。子どもたちが生まれて、つい最近までお世話になったおうち。

私がまだナビの無い時代に苦労してヒルズボロまで行ってもらってきた植木5本ぐらい全部抜かれてたの残念だったわ。

でも、小さい子ども用自転車が家の前に置いてあって、家族で大事に乗ってる感じの車がガレージの前に停まってて、幸せ家族が住んでる感じが伝わってきて嬉しかった。

おうちも幸せだろうな。

そして、モカを半殺しにしたピットブルの飼い主もさらにパワーアップしてる感じだった。

となりに住んでるおばさんのピットブル。相変わらず庭に放し飼いみたい。

ずっと拾ってない大量のうんちの臭いが強烈だった。

あれは近所迷惑だろうなあ。

前住んでいた家が恋しくなることもあるけど、このピットブルおばさんのこと思い出すと、引っ越してよかったと思うわ。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。