アメリカのアジア系も大変だなあ

モカの散歩中、近所の犬友にばったり。インド人の人にしては珍しくすごーくオープンで気さくなんです。アメリカのインド人(まあ中国人や韓国人や日本人もそうだけど、自分の国の人たち以外にはそれほどオープンじゃない人が多いんですよね)

私よりずっとフレンドリー。娘さんとうちの娘、同級生だった時期もあるんです。お母さんに似て、インド人とだけじゃなくて、いろんな人種の子と分け隔てなく付き合っている華やかな娘さん。服装とかもすごーくアメリカン。

よく遊びに誘いに来てくれたけど、超マイペースなうちの娘は断ってばかりだったわ、そういえば。。。

うちのモカの名前も覚えててくれてるし、うちの娘の名前も覚えてくれてる。

で、「◯◯ちゃんは卒業後どうするの?」とうちの娘の卒業した後の予定について聞いてきた。

うちのことばかり話すのは悪いので、「おたくの娘さんは?(名前思い出せないので。。。」と聞いてみた。

そうしたら、なんと看護大学!シアトルの有名な大学の看護学部です。

普通、アメリカでなら、看護大学っていうと、すごく尊敬の対象っていうか、褒められるんだけど、やっぱり在米でもインド人世界は違うんだなあと思った。

だって、看護学部って言ったあと、すぐに「あ、でもね、卒業したらすぐに大学院に言って、Nurse Practitionerになるの」と付け足してきた。

この辺のインド人コミュニティでは、医療系といったら、医者だもんね。。。それ以外は考えられないんだと思う。

それって、きっと中国系とかのコミュニティでもそうなんだろうなーって思う。

日本人社会はそんな感じでもないと思うけど、どうなんだろ。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。