部下の管理って子育てに関係ある?

もうすぐ看護師になる私。会社員時代も今まで平社員しかやったことがなく、ナーシングホームでは一番下の看護助手だったので、部下の管理ということをしたことがない。

しかも、アメリカの看護助手はかなり態度が悪い人がいる。

自分の仕事しかしたくないし、最小限の仕事しかしない人がたくさん。。。

でも、看護の治療の仕事に集中するために排泄のお世話とか看護助手さんにやってもらわないといけない。まだ看護学生だけど、看護師とほぼ同じ仕事しないといけないので、そんなとき、頼んでも(時間あるのに)「この患者私の担当じゃない」とか、「担当の助手、どこにいるかわかんない〜」とか無責任発言されることが多い。

だから、もう自分でやっちゃおう。

って自分でやっちゃう。

そうしたら、今度は看護の先生や先輩ナースに「そんなことしてたら、バカにされますよ!そしてやってもらって当たり前ってなりますよ」と言われる。

確かに。。。

え、これって私の子育てと似てるかも。。って思ったの。

手伝いなさいって言っても、昨日もやった、今度は自分の番じゃない、とか言い始める。

もう面倒だから自分でやっちゃう。

あ、これ看護助手さんに仕事ちゃんとやってもらえないのと同じ。。。

って気付いた。

だから、まずは家で「仕事をしてもらう」練習します。

にほんブログ村

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。