計算が得意っていう自信

アメリカって小さいころから計算機を使って算数の問題を解くことが普通の世界なんですよねー。

さて、ビジネス数学のクラスを大学でとってる娘。(商業算数って感じ?そろばん?のわけないか。)

計算機をテストなのに忘れたんですって。

ひ〜。

ちょうど教授がひとつだけ持っていたので貸してもらったらしい。

そしたら、後ろにいた男の子も

「あ、俺も忘れた」だって。

娘、「じゃあ良いよこれ使って良いよ」と計算機をその男の子に渡した。

なんて控えめなの〜!アメリカでこんなじゃダメなのよ〜!

でもなんとなんと!!!クラスで最高点だったんですって!!!

暗算と計算機使わない計算でそんなにできるなんて!天才!と褒められたらしい。

と、得意になってる娘。

別のビジネスのクラスでは66点というやばい点数だけど、全然気にしてない。

補習に出ればextra creditもらえるから〜。

と相変わらずのんびり。

この楽観的なところ真似したい。

extra creditっておまけ点って感じかな。

前私がとってたクラスで教授、「献血したらextra creditあげる」って言ってたなw

血で稼ぐ成績って感じ?

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。