ハイスクールのアドバイザーちょっと〜!!!

息子1のハイスクールのアドバイザー(進路相談とかにのってくれる先生)、もっと生徒にやる気をかきたててよって思います。

この間珍しく息子1がやる気になってた「夏休み高校生のための外科医インターン」の話。

アドバイザー「あ、それものすごい倍率だから応募しても、無駄だよ」

ってクラスのみんなに言ったんだって〜!

すごく人気ある倍率高いインターンシップだけど、頑張って応募してみて!

って言うべきなんじゃないの?

看護学校のクラスメートのハイスクール時代のアドバイザーも進学指導、なんか現実を知らないみたいで、

「社会学?いいわねえ。とっても良い専攻よ」と無責任にすすめてきたらしい。

そして見事、彼女は就職苦労してアラサーなのに看護学校に入り直した。

(まあ私のアラフィフに比べたら全然大したことないけど)

だから、アメリカのハイスクールに行ってるお子さんを持つ親御さんたち、アドバイザーの言うこと鵜呑みにしちゃいけませんよー。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。