在米日本人のみなさま〜、アメリカでドライブレコーダーを買おう

アメリカで子育てをしながら研究者としても活躍してらっしゃるかっこいいブロガーさんの記事に早速インスパイアされました。

リンクはこちら

やっぱりアジア人はアメリカで運転中に交通事故に遭った場合、警察は話聞いてくれないみたいですね。以前、近所の台湾系中学生がピックアップトラックにはねられたときも、警察はピックアップの運転者(白人男性)にだけ話を聞いて、中学生には全く話しかけず。

残念ながら未だにそういう風潮はあるみたいです。

ということで、自己防衛のためにもドライブレコーダーを購入することに。

上記のブロガーさんのおすすめの商品をアマゾンでぽちっ。

(ドライブレコーダーについての詳しい投稿はこちらにあります)

事故がないのが一番ですが、もしも事故に遭った場合に備えて。

そうそう、アメリカではドライブレコーダーって言っても通じませんね。ダッシュキャムです。

さあ、今日も安全運転でいきましょう〜!

あ、そうそうこれ、ホッケーコーチに聞いたんだけど。アジア人だけじゃなくて、白人でもティーンエイジャーの言い分も聞いてくれないことも多いみたい。

ティーンエイジャーが運転することの多いアメリカ。ドライブレコーダー、車にますます必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。