出た。。アメリカの大学の典型的な宿題

クラスメート22人の解剖生理学2の講義第一回目終了〜。

早速宿題出されました。

ふっふっふ。大好きなグループプロジェクト。もちろん冗談です。大好きなんて嘘です。

みんなやる気満々なら良いけど、締め切り直前まで自分の担当分をやらない人とか、全然連絡取れない人とかいるんですよね〜。

今回はそれ以前の問題。

先生、最初から22人の学生をグループ分けしてくれればいいものを。

グループ分けを自分でしなさいと言う。

普通に教室でグループ分けをするなら3分でできることも、オンラインのディスカッションボードでするから難しい。

ふ〜。5時間かかってやっとさらに3人集まった!

いついつまでに各自担当の分仕上げて、googledocでシェアしたスライドに書き込んでねとみんなにお願い。

さ、みんな私が決めた締切日までにやってくれるかしら。。。ドキドキ。

もう私の担当の分はガーッと書いたから出来上がってる。他の4人のうち1人だけからは担当したい部分についての連絡が来た。後は大丈夫?

ああ心配。一応念の為に全員の分、書いておこうかしら!

そうね、そうしましょう。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。