韓国ドラマの苦手なところ

期末試験が終わったので社会生活に支障が出るほど(笑)韓国ドラマ漬けの日々を送っております。大人気の梨泰院クラスをネットフリックスで一気に見ました。

爽やかでポジティブで良い内容だったわ。信念を貫く、ズルをしない、と言った今の社会では少し馬鹿にされるような、真面目さが最後は成功につながる。汚職や賄賂がなくては成功しない世の中に明るい希望を見いだせるような作品ですね。まあフィクションだけど、本当にこんなことが起こったら良いな!ってみんな感じてるから人気ドラマなんでしょうね。

愛の不時着みたいに号泣しながら観て、観終わったあとは何週間も不時着ロスに苦しんだみたいなふうにはならなさそうだけど。

悪い人はとことん悪い。最後の方に後悔してもうちょっとマシになるかなと思ったけど、結局改心しませんでしたねー。

さて、愛の不時着でも思ったけど、ちょっと韓国ドラマで苦手なところがあります。それは、殴り合いの喧嘩が延々と続くシーン。(まあ日本のドラマでもあるのかも、でも日本のドラマは最近観てないからわからないわ。)

一回ぐらいボカって殴るのならまだしも、いつまでもいつまでも殴り合いが続く。アメリカの映画でもあるのかなー。

ハリウッド映画の場合、男性の視聴者も多いので男性を興奮させる暴力シーンは必要なんでしょうけれども(男性の読者の方がいたらすみません。私の勝手な個人的意見です)

韓国ドラマって女性ファンが多いイメージだし、女性ファンの方たち、こういう暴力シーン好きなの?って思いながら、早く殴りあい終われーと思いながら観てます。まあネットフリックスだから飛ばせば良いのね。今思いついたわ。今度から飛ばそう。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。