仮設トイレが家の前に〜!?

屋根をすべてはり替える工事をしました。そしてそのあとにソーラーパネルの付け直し。屋根をはり替える工事の方は朝の8時から午後4時ぐらいまでお昼休み以外ぶっ通しでやるのにトイレ休憩ゼロ。彼ら(中南米移民の人々)は車でどこかにお昼ご飯を買いにいくわけじゃないし、そのへんでトイレすましてるわけでもない。ってことはずっとトイレ我慢?

ソーラーパネル設置会社の方はちゃんと仮設トイレも持ってきて、作業員さんたちが作業中にトイレに行けるようにしてました。白人の作業員さんたち。。。

なんか労働条件違いすぎない?

さて、その仮設トイレ。工事が終わったあと1週間ちかく放置されています。うちの前に。え。。。このまま猛暑の中、ここで発酵させる予定?

ぎゃー、また近所から苦情来そうで心配だわ。

ああいうトイレって一日何ドルとか取られるんだよね。

このアバウトさがアメリカの魅力。

そういえば、ソーラーパネル業者、うちの天井裏に入って作業中に脚が天井ぶち破いたので、それを直しに来るって言ってたな。たぶんそれまでトイレはレンタルしてる?


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。