ひ~やっぱり看護学校って大変だわ

前行ってた看護学校は准看護師になるための学校だったからね。なんだかんだ言って、勉強はそれほど大変じゃなかったわー今の学校に比べると。

進むペースもゆっくりだったし、解剖生理学を取ってない学生用だったからすごく基本的なことから説明してもらえた。

ひ~正看護師になる学校はやっぱり大変!職場の厳しいかなり意地悪なマネージャーが教えてくれたとおり、かなりハイピッチで進むわこの学校。

仕事しながらって厳しそう。でも仕事は続けたいのよね。

すでに仕事でつかえることを学んだわ。

まず、看護記録でよく書いてた(これ准看護師学校で先生に使えと言われた表現なんだけど)患者さんはappearsっていう表現ダメなんだってー。

いつも使ってたよ。。。

あと、no changeという表現もダメだって。変化なしって書いちゃいけなくて、具体的にどういう状態だったか、数字で書けだって。今まで私、バイタル特に変化なしって書いてたよー。実際に最新バイタルはなんだかったか数字で書けということらしい。

知らなかった。。。

こうやって習ったこと少しずつ職場で活かせるようになるの、すごくうれしい。だから仕事はやっぱり続けなきゃねー。

さて、腕と太ももの筋肉痛すごいわ。一回打ちっぱなし行っただけで。

↓クリックしてね。しつこくランキング参加中よー

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。