追試!そして優しいダンナさん

かなりうちから遠いところに住んでるスキーパトロールの先輩のおうちに行って追試受けてきました!

よそのお宅にあがるのだから、とお菓子ぐらい買っていくべき?とか考えつつも、ここはアメリカ、そんなことしないよねとか考えてたら、「家の前に車停めてもらって車の中で受けてね」と言われすべて解決笑

まあコロナ禍だもんね。

楽と言えば楽か。お互いに。

で、その先輩は自分の車に座って私の試験監督をするというわけ。

家のなかから私をちらちらとみる程度かと思ってたら本格的ね。

私の車は日光のあたるところに停めたからあったかいけど、彼女の車は日陰。今日は寒いから申し訳ないわと思いながら急いで問題を解いたわ。

なんか前回より難しい?

でも再試だからかな。いやー落ちるかも!って思いながら解いたわ。アメリカ式に見直ししないで提出。アメリカってみんな見直ししないんだよね。見直ししたら、かえって焦って答え変えちゃって間違えるから見直しするんじゃないよって考えの人が多い感じがする。

おずおずと試験を彼女に渡し採点してもらう。

採点し終わって、こちらに解答用紙持って歩いてきた。

ニコッとほほ笑んでくれた。きゃー受かった~!

これで落ちても来年またしつこく挑戦してやるって思ってたけどめんどくさいなとも思ってた。

は~受かって良かったー。

↓、クリックしてね!しつこくランキング参加中。

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。