アメリカでロードバイク、キケンなこともあるので気をつけて!

アメリカではロードバイク=エリートスポーツというイメージがあるようです。実際ほんとにお金をかけようと思えばいくらでもかけれられるみたいですね。日本ならわりと、エリートか〜。いいなぁとか、おぉっ。という感じですがアメリカでは敵対心を持つ、という人もいるようです。

で、ロードバイクに乗っていると、車から危害を加えられることもあるそうです。

ずいぶん前になりますが、ポートランドでバイク練習中の男性、車からレンガを投げつけられて顔に大けがしたそうです。ダンナの同僚もバイクを漕いでいると意図的にピックアップトラックに路肩に押され、転倒してしまったんです。でも、屈強な大男、しかもバイクセミプロの彼、すごい勢いでそのトラックに追いつき、「ミラーをパンチして仕返しに割ってやった」らしい他の知り合いのダンナさんも、車にわざと押されて骨折したんですって。

わざとじゃなくてもこわいですよね。車。ニセコでバイクトレーニングしたとき、ドライバーの方々、ほんと親切でみなさん徐行してくださって、申し訳なかったぐらいです。まあニセコだけなのかなあ。東京の方とかはどうなんでしょう。アメリカではそういうこと皆無です。このオレゴンの田舎でも、車は追い越すときに、早く追い越しちゃいたいんでしょうね。加速して追い抜いていきます。その瞬間に倒れたらどうしよう。

ダンナは学生時代に、スピード出したダンプがすれすれに通り抜け、ヘルメットのミラーすっ飛ばされたみたい。もちろん、体ごと路肩にすっとばされ。ダンプは何事もなかったように走り去っていったそうです。

こわ。

前もこういうこと書きましたねー。だからこわくて私、ロードバイク練習、車道じゃできないんです〜。で、近所のサイクリングロードでゆったり漕いでます。

さて、今朝のラン。トライアスロンDNSだったのに、家の周りで走ってみたら、調子いいじゃありませんか〜!気温が今日は少しだけ低いせいか、ランの調子、最近でいちばん調子良かったです!貧血?って思ったのはただ寝起きでつらかっただけかも。でもバイクもあるし。しょうがない

ラン、普段よりスピード上げられたし気持ちよかったです。今週はあと5.4キロで、走行距離合計16キロに。明日も朝早くはしってきます。

ランだけでも十分たのしいし、もうトライアスロンやめて、あとはテニスとゴルフとアイスホッケーだけにしようかな。と思ったけど、バイクで湖の周り漕ぐのってほんと気持ちいいんですよね。レース中は交通規制がしかれているので、こわくないし。

でも実はスイムはスポーツクラブでひとりで時間あるときに泳ぐことに決めました。月45ドル、マスターズクラブで練習するために払ってるのですが、夏休み、ほんと決められた時間の練習参加難しいんですー。マスターズに入ったおかげでフォームが改善されたし、4キロ近く泳げるようになったし。ほんと感謝です!おすすめですよー。

今日の宇和島屋さんのお祭り、たこ焼き食べ過ぎないでね!とぽちっとしていただけたら嬉しいです。 にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。