偶然?映画Paper Towns、昔の日本の小説に似てる〜

もちろん、アメリカンな内容だし、今ふうな設定だし、ラストは違うけど、渡辺淳一の「阿寒に果つ」に似てる! 今、娘がPaper Townsの原作を読んで内容を教えてくれたんですが、内容聞きながら、北海道を舞台にした「阿寒に果つ」を思い出したんです。

また読みたくなっちゃったなぁ。

舞台になった高校、私の通っていた高校なんです!中学校のころ、「阿寒に果つ」を読んで、高校に入ったら、あの図書館で読書しよう。。と憧れてました。

でも高校に入ったらすっかり読書とは遠ざかってしまいましたね〜。最近読書に夢中です。

みなさま、機会があったらぜひ読んでみてくださいね。

 
ブログ村ランキング参加してます。 ↓ぽちりと宜しくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村 マラソン・ジョギング ブログランキングへ

偶然?映画Paper Towns、昔の日本の小説に似てる〜」への2件のフィードバック

  1. おれんぢ猫

    りょうこさんは、道産子なのですね~!
    私の日本の親友も道産子(夕張)です。
    北海道、好きですわ~!わわっとしていて。(広いと言う意味です・・・ははっ。)
    ”Paper Towns”知りませんでした。
    今からググってみようと思います。

  2. りょうこ 投稿作成者

    おれんぢ猫さん、そうですー。道産子ですー。北海道の人って良い人多いですよね、と自画自賛(笑)
    きっとお友達も良い方に違いない〜。その映画、確か7月に公開されたはずです。でも多分マイナーかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。