アメリカの医療費請求書って間違ってることが多いんですって!

アメリカの主婦節約雑誌、All Youにあったショッキングな記事にありました。2013年の調査で、約49パーセントの請求書にミスが見つかったんですって。

わかる感じ。10年以上行ったことの無い病院から数年前突然請求書が送られてきたことがありました。あと、ERに行ったときの絆創膏代が260ドルだったことも。病院に電話したら、「それは変な値段ね」とか言って、取り消してくれました。

あと、よくあるのが、病院が保険からおりる金額を差し引かずに、請求書を送ってくることがあるみたい。要注意ですよね。

間違った医療費を請求されないように:

  • 保険会社から送られて来るExplanations of Benefits (EOB)と病院から送られて来る請求書をしっかりと比べて、保険でカバーされてる分まで請求されてないか目を光らせること。
  • 請求されている全ての処置が実際に行われたかチェックすること。(例えば、検査をその場で断ったのに、検査が実際には行われたみたいに請求されてたりってあるらしい)

今までEOBと請求書の内容が合致してるかなんてほとんど確認せずに、請求書来たらすぐに払っていたので、たぶんたくさん損してきたんだろうな。

ほんとアメリカって事務処理のミス多いです。でも文句言っても、事務処理減らないだろうし。自己防衛しかないですね

さて、今日は20分ジョグとスクワット30回だけです!
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

アメリカの医療費請求書って間違ってることが多いんですって!」への2件のフィードバック

  1. 陸太太

    よくそんないい加減で成り立ちますよね!プンプンです。
    来週今度は自分の歯のクリーニングですが心を引き締めて臨みます!

  2. りょうこ 投稿作成者

    陸太太さん〜、ねービックリですよね。すごすぎて腹もたちませんわ。これからは鷹のように目を光らせてないとですね!笑えるのですが、間違った額の請求書を受け取ったけど、病院とやりとりしてる暇無い人のお手伝いするビジネスまであるそうですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。