ポートランドマラソン完走記(スタート編)

行ってまいりました、ポートランドマラソン!今まで5回走ったポートランドマラソンの中でいちばん辛くって、20キロ以降は何度リタイアしようと思ったことか!

反省や良かった点、そして思ったことなどなど書いていこうと思います。

まず、朝食はいつものマラソン直前朝食のお餅〜!効果抜群でレース中ずっとお腹すかなかったです。以前、お餅をレース前に食べるという食事方法(マラソン非常識メソッドの本で発見)に出会う前にオートミールだけ食べて、10キロ付近で空腹ですごくつらかったことがあります。初ポートランドマラソンのときでした。

こすれそうな部分、すべてにワセリンをぬっておきます。パンツの中にもぬったほうがいいかも(笑)。そうそう、寒いとき、ワセリンを腕や脚に塗るのいいみたいですね!

お餅はレース会場に向かう電車の中でももそもそ食べ(笑)。車内でお餅を食べた初の乗客だったと思います。

そして、スタート!ガーミンのスタートボタンを押そうと思って、ガーミンを忘れたことに気づきます!そうだ、朝、ちょっと時間があったので、もうちょっと充電しようと思って、そのまま忘れてきてしまったー!

GPS時計は前日に充電したおくこと

来年は忘れないようにしたいです!

ガーミンつけてないと、かえって、体の調子に合わせて走ることができて良いということもきいたことがあるので、まあ良いかと。

でも、私の場合違いました。

レースのスタート直後の興奮でかなりペース上げちゃいました。そのつけが、20キロ付近からでてくるのですが。。。

1月の終わりに歩くのもつらい肉離れを起こして、ここまでこれたものだ。。。と感激しながら走ります。で、いつものスタート地点のバンド演奏や、太鼓でかなり涙腺がゆるみ。ほんと涙流しながら走りました。

5キロぐらいのところまで、かなりの上り坂が続きます。えー、こんなに坂、あったっけ〜?

かなり汗かきました。

坂を下り始めたころ、Hood to Coast駅伝リレーで同じチームだった、年齢半分ぐらいの大学生を発見。おばちゃんのかっこいいところを見せようと(笑)、さわやかに声をかけ、颯爽と追い抜きます。飛ばし過ぎだったな。これが。

最初の飛ばし過ぎに気をつけましょう〜!

5:00のペースメーカーがいました。このペースメーカーに付いて行けば、私はスタートが15分遅いグループだったので4時間45分行けるかも!とワクワクします。

ふっふっふ、ここから難関が待っていることも知らずにのんきな私。
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。