平均52歳までに骨を強くしておかないと!

今日も骨の勉強をしていて、骨ブームが続いています。平均の(アメリカでの平均です)閉経年齢である52歳まで、骨は強くすることができるそうです。とにかく骨に負荷をかける運動が大事みたいです。

で、その後は骨が弱くなるスピードを少しでも遅らせるために骨に負荷がかかる運動を続けていくことが大事なんだそうです。だから、52歳を過ぎても諦めちゃだめなんです。

今までは体脂肪率を減らすことに燃えていた(最近はポートランドマラソン前にカーボローティングをしたせいでw、胃が大きくなってしまって、食べ過ぎがまた続いていて、怖くて体脂肪計にのってません)のですが、これからは骨健康に燃えようと思います。

ジムのスケジュール見て、週4日は筋トレやヨガのクラスに行けそうです。うぉー。がんばるぞー。何ヶ月もジムに行ってなかったのに、突然極端です。

骨を強くしておくことは、ランのためにもなるし。

一石二鳥です。

そして、早速来年のポートランドマラソン、エントリーしました〜!今日は3週間ぶりにラン。5キロちょっと走ってきました。なんか右足のスネがまた痛くなってた〜。シンスプリントかしら。スピードもっと緩めて走らないとダメだな。。。

あと、そうそうもうひとつ!特に成長期に肩かけかばんっていうんですか?片方の肩にかけるタイプのカバン、よくないんですって。私の中学、学校指定で片方の肩にかけるタイプのカバンだったんですよね。リハビリの先生に、肩、片方下がってるって言われたし、スイム始めてすぐに、肩の炎症おこしたし、あれ、絶対に中学校のカバンのせいだと思います。すっごく重かったし。。。

文句言ってやりたいぐらいだわ〜。あのカバン選んだ学校、子どもの身体の成長に関してすごーく無知。

教授、良いカバンとして、日本の両方の肩でしか肩にかけられないカバンを紹介してました。ランドセルのことかなぁ。
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。