カテゴリー別アーカイブ: 看護師への道

応援してくださた皆さん、ありがとうございます!

今日、プログラム・ディレクターとの面接に行ってきました。入学許可出せない学生には、はっきりと「ノー」というディレクターでちょっとびしっと怖いみたい(彼女もナース。)

緊張であまり眠れなかったわ!面接用の本読んだり準備はしたつもりです。でも予想してなかったことを最初に言われたわ〜!

面接官(ディレクター)「あなた、大卒なのに、ここのプログラムで良いの?既卒者は短期間で看護の学位を取ってRN(正看護師)になれるプログラムも他の大学にあるのよ。」

うわ、こういう出だしは予想してなかったわ。。。

もちろん、受けた難関正看護師プログラムは全滅でしたの。なんてアホなことは言いません!

面接用に読んでるBrag!という本、役立ってるわ。

で、こう答えます

私「存じております。しかし、正看護師プログラムを受けるとなると、あと化学のクラスを1年取らなければなりません。(注:私が受けた公立の大学よりちょっと入りやすい私立の方は化学が必須なのです)そして、それから入学書類の用意をして提出して。。。となると2年はかかります。提出しても受かるとは限りませんし。2年待つよりはこの9月から入学させていただけて、LPNになるための勉強を始めることのできる御校を受験したいと考えたのです。」

とポジティブな雰囲気で答えます。

この答え、面接官、気に入ってくれたみたい。

厳しいという噂の元バリバリナースそして今はナースプラクティショナーの資格のあるディレクターに「あなたを看護学生になれるように推薦したいと思います。ここの学生になっていだくのがとっても楽しみだわ。授業が始まったら、クラスメートの数学、見てあげてね(あぁ日本で数学やってて良かった。この学校の数学の入学試験、良くできたんです。まあかなり簡単でしたがw)」とまで言われたので大丈夫でしょう!

後は麻薬検査と犯罪歴検査。これは私が落ちるわけないわ〜。

応援コメントをくださったり、ブログでクリックしてくださった方、そして温かく見守ってくださったみなさま、ありがとうございます!これからも引き続き応援お願いします!

元々目指していた正看護師RNでは無く、LPNプログラムという、准看護師コースなのがちょっと残念なのですが、とにかくナースはナースだ〜!とにかく最初の第一歩を踏み出せた〜!っていう気持ちでいっぱいです。

でも、職場の先輩ナースたちに言わせると、看護大学に入ってからが大変、資格試験が大変ということなので、まだまだこれからですね。

ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

介護職、実は天職なのかも

今までプールの監視員に始まって、バイト、パートを入れたらカスタマーサービス、コンサル、塾講、重役秘書(あ、でも日本みたいにかっこいい重役秘書じゃないんですが)、アカウンタント、試食のおにぎり配るお姉さん、試飲のビール配るお姉さん、受付、棚卸しなどなどいろーんな職業についてきたけど、介護の仕事が一番自分に合ってるのかも!って感じがしてきたわ。

(そういえば、おにぎり配るのサンバイザー被ってハッピ着たわ。女子大生の頃、ぴっちりタイトな衣装に身を包んだボディコン(死語w)のモーターショーのお姉さん憧れて登録したけど、私にまわってきた仕事はおにぎり姉さんだった。。。)

昨日、仕事でシフト終わりのころに、入居者さんに「明日も来るの?」って聞かれた。

「明日は仕事じゃないんですよー」って言ったら、寂しそうに「あなたのこととっても気に入ってるから、あなたにお願いしたいのだけどねえ。」と言われた。

なんか嬉しかった!

他の職種ではそんなにクライアントに喜んでもらえることなんて無かったもんなー。

サンキューって言われたことすらあるかしら。

これが介護職の醍醐味かも。

誠意を持って働けば必要としてもらえる。頼りにしてもらえる。

もちろん他の職種ではありえなかったようなイジワルを言われたこととかもありますけどね〜。おかげで強くなったぐらいですw

なんか入居者さんたちにこうやって嬉しいことを言ってもらえるってことは、私、介護の仕事向いてるのかも!ってなんか満足感を感じちゃった。

エンジニアをしてるダンナなんてこういう満足感は皆無みたい。

ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング