最後の会話になっちゃった

毎週日曜日にホスピスボランティアで通ってるナーシングホーム。担当の患者さんと同じテーブルに座っていることが多いお年寄りの男性がいます。

なんかいつも厳しい顔つきで無言な事が多かったし、担当じゃないし特にしゃべった事は無かったのです。

でもある朝、そのおじいさんが食べていた美味しそうなカリカリベーコンをよだれたらして(笑)見ていた私、ついつい「おいしほー」と言ってしまったわ。

そこから会話が始まったの。

私「スクランブルエッグも美味しそうですね〜」

おじいさん「うん、美味しいよ。ご飯食べて来なかったの?」

私「いえいえ、食べてきました。トースト食べてきましたよー」

おじいさん「トーストに何付けるの?」

私「ピーナツバター」

おじいさん「えええ!ピーナツバター!?トーストに???他にはどんな朝ご飯が好き?」

私「クリスピーなベーコンかな」

って感じのたわいもない会話。

しかめっ面で気難しそうって思ってたけど、意外とおちゃめで面白いおじいさんだった。

で、今日のボランティアの帰り、出口の所でそのおじいさんの写真が飾ってあるのを見たの。

道理で今日の朝ご飯、ダイニングルームにいなかったんだよね。

亡くなったのは先週の土曜日なんですって。

でも、私、その次の日、つまり先週の日曜日、そのおじいさん、朝ご飯食べにダイニングルームに入ってきたの見たよ!

あれ?

カリカリベーコン食べに来てたのかなあ。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


海外での育児 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。