え〜こんなことでハイスクールを訴える?

近所のハイスクールでの出来事。男子生徒が着ていたシャツが大問題に。

「ドナルド・トランプ。メキシコ国境の壁建設会社」って言うシャツ。トランプ大統領の提案するメキシコ国境の壁建設に賛成するメッセージのシャツなんですってー。

「人を傷つける内容のメッセージ」のデザインだから、ジャケットで隠すようにって教頭先生に言われたの。実際、このハイスクール、メキシコ移民の子どもが多いの。

この高校生、「隠すのは嫌だ。」と。

「これが自分の政治的メッセージだし、言論の自由があるんだから」ってジャケットをシャツの上に着てメッセージを隠すことに反論。

そして授業ボイコットして家に帰ることに。

それが成績表には「停学処分」扱いになり。。。

不満を感じた男子生徒、学校を訴えることになったんです。

このハイスクール、メキシコ移民の多い高校。

わざわざ人の心を傷つけるメッセージが書かれたシャツ着なくてもねえって移民の私は思うけど。

実際、メキシコ人移民の高校生の中ではいつ国外退去にさせられるか、心配で心配でたまらない子もいるっていうのに。

その子達は小さいころに親に連れられて来ただけで、心はアメリカ人なのに。

このシャツを着て「自己主張」をし、人の心の痛みを考えないような子、そして自分の主張が通らないからってしまいには学校を訴える。

将来どういう大人になるか、見えてるようです。

そんなにメキシコ移民が嫌なら、メキシコ移民に「盗まれた」とこの高校生が思ってるような職業に就いてみなさいよ。

若いのにこんな保守的な子がいるんだ〜ってショックです。

あのね、あなただって元をたどれば移民なんだよー。まあその当時は不法も合法移民もなかっただろうけど。

 

ブログランキング参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。