アメリカの高校生が喜ぶ乗り物

大学に願書出すときに有利なボランティアを探してくるのが上手い息子1。

Oregon Zooという動物園での夏休み中のガイドボランティア、無事採用が決まったので、早速研修が始まりました〜!Zoo Teensというポジションです。

そんなに遠くないところだけど、往復お迎えか〜と思ってたら、

なんと!友達と電車で行くって言うんです。

日本なら高校生が電車で通学したりバイト行ったりってものすごーく普通ですが、アメリカではまだ免許の無い子は車で送迎付きの世界。

公共の交通機関で移動するって珍しいんですよねー。

うちのそばの駅、サンセットから、動物園の駅までたった1駅なのですが、乗車券ですら買ったことの無い息子1には大冒険。

まず、駅まで私が車で送りました。

で、駐車場で息子が無事乗車券を買えるまで待つことに。

アメリカの自動販売機って、壊れてたり、しわしわのお札が入らないって普通にありますよね。。

まず、駐車場で待ってる私のところまで、息子1、ドキドキした顔で戻ってきました

「乗車券ってもう買っていいの?」

友達と待ち合わせの時間まで20分ぐらいあったんです。

1日券買うんだし、いつ買っても良いのに、そんなこともわからないの〜!

笑えました。

それから、また買いに走りました。

なんともう一度戻ってきます。

息子1「この乗車券で良いんだよね?」と見せに。

実は駅に向かう車の中で私、乗車券を鉄道警察?のお兄さんにホームから階段で上に上がったところでちゃんと買ったか抜き打ちチェックされたことがあるって息子1に教えたので、息子1、ちょっとびびっていたよう。

ポートランドってなんと改札口が無いんです。

だから、たまにそうやって抜き打ち検査があるの。ちゃんと乗車券買ったかチェックが入る。

無事に電車に乗って動物園まで行けたそうです。

で、帰りはちょっと遅い9時。まあ夏だから明るいし、高校生のでっかい男の子2人だから大丈夫だろうけど。

息子1「帰りはあと同じ学校の女の子2人、一緒に電車に乗るってついてきた」

私「女の子、どこまで乗ったの?ちょっと遅いんじゃない?アメリカなんだから。」

息子1「その子のお母さんが動物園まで迎えに来るって言ってたけど、断ったんだって」

男女4人で電車に乗るなんて青春よね〜。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
実は拘束時間が長いから、ゲーム漬けにならなくてありがたやー。

アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。