観客席でクロスオーバーを練習!

子供のホッケーのクラス、見学するとすごく勉強になります〜!ついでに隣でやってたフィギュアスケートのクラスも見てたら、みんなバッククロスオーバーしてて、参考になりました。

普通、親たちは携帯を見るか自分の子供を見ますが、今日の私はみんなのエッジの傾きを研究。上手い子はクロスオーバーのとき、エッジを外側に傾けてますね。観客席でクロスオーバー研究してみました。酔っぱらってよろよろしてるみたいに見えたかも。

クラスはすごく上手くデザインされてるなぁと思いました。終わりに楽しいドリルを持って来て、子どもたちが「楽しかった〜。またクラスに来るのが楽しみ〜!」って思うようにするんです。

これ、以前とった外国語教授法で習った方法です。外国語のクラスだけじゃなくて、いろいろなクラスで応用できますよね。

  1. まず10人ぐらいの子供の中から1人、DFになります。
  2. あとの9人はFWです。
  3. FW全員、1個ずつパックをもらいます。
  4. FWの子たちがスティックをつかって、リンクの端から端まで運びます。
  5. それをDFが止めます。
  6. パックをとられたFWがDFに加わります。
  7. そんな感じでどんどんDFが増えていき、最後に残ったFWが勝ち〜!

みんな燃えてました。

息子②

息子②、楽しいドリルで満足〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓の写真をポチとしていただけるとウレシイです!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。