やっぱり認められるって嬉しいもの

いつもいつも批判ばかりしてくる看護学校の先生。ネチネチ先生と密かにひとりで呼んでいました。日本人は私だけなので、ネチネチ先生と言っても周りには通じないので、心の中でだけ勝手にそう呼んでました。

でも、この先生好きになった〜!!!

今日もこの先生率いるクリニカル実習の日。また、細かいどうでもいいようなことでネチネチ言うんだろうな。。と思ってあまり期待しないで一日が始まりました。

ところが!!!

先週の実習でそこで働くナースにどんどんできることさせて!と言っていろんなことを率先していったクラスメート(夜間の子なので初対面)が、なんと、

「りょうこ、私、看護の仕事で私達ができること見つけるから回すね!」と素晴らしい発言をしてくれた〜!!!

実は南米から移民した彼女。移民直前まで看護大学、しかも4年制の大学で3年まで終了した時点で移民したんですって〜。だから経験ばっちりなんだー。

や、優しい。。。と感激。

そして、血糖値チェックからインスリン投与、怪我の手当などなど看護の実習たーっぷりさせてもらえました〜!一学期のころはドッキドキだった、患者さんのアセスメントも落ち着いて出来た。

一緒に見てくれる、ネチネチ先生がまた優しい!厳しく優しい!全然ネチネチしてな〜い!

もうネチネチって呼ぶのやめようって思ったわ。

そして、今日は中間評価の日。

今まで褒めてくれたことの無かったこの先生が、なんと!!!かなり褒めてくれた〜!!!

も、もしかしてこのブログ読んでる?なわけないか〜!

がんばりを認めてくれたのかな〜って思うと嬉しかった〜!

そしてますます頑張ろうって思えた。

やっぱり子どもと学生は褒めて伸ばす、ですね。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

やっぱり認められるって嬉しいもの」への2件のフィードバック

  1. ハル

    クリニカル朝早くからお疲れ様です(^^)
    心がほっこりしました〜まさかその先生が急に優しい面を満面に出してくるとは!ちなみに褒めた方が伸びるに大賛成です!skill checkoffの時に褒めてくれた先生とダメ出しばっかの先生がいたんですけど、やっぱり褒めてもらった方がもっと頑張ろうって気になりました。 素敵なクラスメイトに囲まれて羨ましいです(^^)
    もうアセスメントはばっちりなんですね〜!注射とかドレッシング変えたりもうすでに看護師さんみたいですね!(*´∀`) 私は2日後自己紹介の練習から始まります〜笑

  2. りょうこ 投稿作成者

    ハルさ〜ん、准看護師LPNプログラムなのでとにかく進むのが激早です。アセスメントは1学期のときの実技の試験科目でめちゃくちゃ緊張しましたよ。犬まで使って家で練習して(笑)とか言いつつも、結構今日も飛ばしたこともあったり。

    いや〜、先生、ただ今日機嫌が良かっただけかもしれませんが、それでも嬉しかったです。やっぱりダメ出しばっかの先生ってどの大学にもいるんですね。。。まあ普通の学部とは違いますもんね。
    今まで手を使って仕事をするっていうのがない事務作業コンピュータ作業の仕事だったのでとにかく新鮮です。
    やばいー宿題終わりません!ハルさん、一緒に頑張りましょうね!!!
    自己紹介の練習、たのしみですね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。