国際線のチケットを少しでも安く買う方法?

カナダやアメリカでは高校の卒業式って大体的な行事みたい。親戚一同が出席するぐらいな大事なイベントなんですってー。

でも、遠く離れたカナダのマニトバに留学してる娘の卒業式はオットだけ代表で参加してもらうつもりだったの。

冷たいかなー。

でも、最初は「みんなポートランドから参加したら航空券代が高くなるから車で来るでしょ?

ポートランドとウィニペグ(から2時間離れた町)まで2日かけて移動?やだー、じゃあ飛行機でアメリカに帰りたいから来るのはダディだけで良いよ」

と言っていた娘。

でも突然、気が変わった。

「やっぱり全員でポートランドから来て!」と呼び出しがかかった。

ということで早速、私、息子1、息子2の航空券の値段チェック。

ポートランドからカナダのマニトバのウィニペグまでなんと3000ドル以上もかかるの!!!

ぎゃー。

日本行きならいくらかかっても買うんだけどね。

そうやって初めて航空券の値段を調べたのが1ヶ月前。

ふふふ、日本行きチケットを四半世紀に渡って買い続けてきたわたくしは知っている。

意外とチケットってギリギリに買ったほうが安いということを。

ついでにTSA Precheckにも申し込むことにしてたから、それも待たないといけなかったし。

TSA Precheckの審査が通ったので早速チケットを買おうとしたら、購入ページを進んでも、TSA Precheckのナンバーを入れる箇所が見つからない!

航空券の値段も3000ドルを余裕で超える額に。。。ひ〜。

えー。空港で記入するの?と思いつつネットで検索したら、チケットを購入するときにすでにナンバー入れておかないとダメなんだってー。

で、さらに調べたら、どうやらマイレージメンバーになって会員情報のトラベルドキュメントのページにTSA Precheckナンバーを入れる箇所があった!

やっと航空券購入できると思って、購入しようと思ったら、搭乗者の名前から日程から全部最初から入れ直さなければならなかった。。。

そうしたら、なんと航空券の値段が30分前より上がってる!!!

これって航空会社の儲けようとする手段?

ということであと1日待つことに。。。

でも翌日はバタバタしてて、購入する暇なくて。

その次の日ももう時間なくて、航空券購入のチャンスなし。

で、その翌日の今朝見たら、わ〜!数日前に3500ドルぐらいだったのが1800ドル代に!!!

そしてもうひとつ。これは以前どこかで読んだんだけど、航空券購入ってふつうみんな時間のある週末にするんですって。

航空会社は知っています。だから、週末に表示される額って高いんですってー。

1800ドル代になった今朝は平日だもんねー。

しかも普通みんな出勤前の忙しい時間。

ふっふっふ。

あとはおしゃれして出席するためにお買い物に行って、そして少しは痩せないと〜!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。